ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 2 ******
http://life.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1025570381/

137 :: :02/07/28 15:47
不幸っていうか私の結婚式で招待状を旦那のオバの家に送ったら宛名の漢字が間違ってるからって
送り返してきてもう一度招待状を送れっていわれた。

座席表を間違うならまだしも座席表をまだ作ってないのに招待状を送り返してくるオバとは口をきくつもりない

138 :愛と死の名無しさん :02/07/28 15:56
>137
字を間違う貴方の方がよっぽどドキュソです。
文章も後半は要領を得ないし。

139 :愛と死の名無しさん :02/07/28 15:59
>>137
もう一度送りなおせっていう旦那のオバもオバだが
それにキレるあんたもあんた。
親戚とはいえ、おめでたいことなのに名前を間違えるのは良くないこと。
って、旦那のオバって言うけど、旦那は宛名をチェックしたのか?
それともまかせっきりにされてあんたが確認したのか?
いずれにしてもどっちも気付かなかったとするなら、隙がありすぎるな。
細心の注意を払うもんだよ、結婚式を終えるまでは。

140 :愛と死の名無しさん :02/07/28 16:00
137の文章見ただけで、程度がわかる。(w

142 :愛と死の名無しさん :02/07/28 16:01
>>137
どう考えても、あなたの方が常識知らず
だけど、結婚の知識なんて正直未婚者には最初はチンプンカンプンだから
ぼちぼち頑張れ~



関連記事



コメント:13 |  2009.05.10 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 2 ******
http://life.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1025570381/

119 :愛と死の名無しさん :02/07/25 17:23
今まで見た中で一番ゴーヂヤスで一番悲惨なケコン式。
一般ピープー注目の中、鳩花火風船飛び交う公園でガーデンパーチー。
その後、ホテルで豪華デナー引き出物お色直し6回(↑入れると7回)
バブル崩壊後だっちゅうにとんでもない派手さ。

後日裏話を聞いてビクリ!すべて新郎の母親(父は離別)の独断プラン。
都内で働いていた当人二人はもちろん、同じ市内に住む新婦の家にも何の相談もなし。
新婦の親が知り合いから聞いて(!)日程を知り、本人達に連絡。みんなビックリが式2ケ月前。
お色直しも、慌てて仕事を辞めて帰郷し式の準備を始めた新婦が決めたドレスを、
「私の知っているところで借りることに決めている!」と言い出し、両方キャンセルできなくなったせい。
新婦側は内心ブチキレていたが、田舎のこと。「新郎の家をたてなきゃいかん」とガマンしたそうだ。

…当然というべきか、この二人は後年離婚しました。
原因は聞いてないけど、まああの人だろうな…



関連記事



コメント:1 |  2009.05.10 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 2 ******
http://life.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1025570381/

116 :愛と死の名無しさん :02/07/25 17:06
私の結婚式。不幸って言うか、愚痴。スマソ。
披露宴の会場のセッティングが打合せと違っていて
高砂の後ろはジョーゼットを色違いに組んでもらう
会場のパンフにあって、ブラフェでもそうやっていた)
筈だったのに、白いジョーゼットの前に金屏風が立っていました。
「今からでは変更できません。済みません」とキャプテンが謝ってくれ、
金屏風をラチスに換えてもらう事だけはできたので、それで妥協しました。
後で聞いたらその次の披露宴の方と間違えて部屋を組んだとか。おいおい。

体重熊を彼母が欲しがったので両家母に贈呈しましたが、彼母がご帰宅後、
熊の足に刺繍された彼の名前が間違っている事を発見。
デジタルアルバム用に熊の写真も撮っていたし、ビデオやスナップ写真でも
撮っていたのですがそれはもう変更できません。
熊の刺繍だけは直せるので、現在直してます。

不幸、って程じゃなくてスマソ。
打合せは念入りに念入りに、していたのになぁ・・・。

117 :愛と死の名無しさん :02/07/25 17:10
「体重熊」て何?

118 :愛と死の名無しさん :02/07/25 17:17
>117
最近、花束贈呈のかわりに、新郎新婦の出生時と同じ体重の熊の
ぬいぐるみを渡すのが人気出てきてるの。
重くて大変なんだけどね。



関連記事



コメント:0 |  2009.05.10 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事