ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 14 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1114438015/

559 :愛と死の名無しさん :2005/05/23(月) 00:51:28
友達の結婚式@東京

式の直前。
花嫁が来るまで封印されてるバージンロード。
そして前の方に座ってる新郎新婦の親戚。
その新郎側の最前列が騒がしい。親戚で遅れてるのがいるらしい。
「カヨおばちゃん、まだ来ないで」「もうそろそろ始まるわー」「ああ、来たで!カヨちゃん!こっちやで!」
遅れてきたカヨちゃん(推定年齢58歳)は「ごめんなー、そこ席空いてるー?」と登場。
「席ここやでー、はよせんと式が始まるでー!」と前列。
しかしカヨちゃん(推定年齢59歳)が前に行こうとするも会場は立ち見も出るほどで
前に行きずらくなっている。カヨちゃん(推定年齢58歳)、迷わずバージンロードの
封印をのけてバージンロードをドカドカと歩き無事に着席。

これはある意味ケチのついた結婚式だと思いました。

560 :愛と死の名無しさん :2005/05/23(月) 01:29:13
ひ・ひどい・・・

562 :愛と死の名無しさん :2005/05/23(月) 08:46:13
まあ新婦もおそらくもうバージンじゃないし
……なんてことは言えないね。
かわいそうな新婦。


関連記事



コメント:7 |  2009.09.27 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 14 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1114438015/

487 :愛と死の名無しさん :2005/05/20(金) 18:02:35
不幸な結婚式…というほどじゃないんだけど、
ドタキャンで思い出したので。

数年前、会社の関係者の披露宴に出たことがあるんだけど、
そのとき主賓席に「議員さん」がいた。
(私も新婦の上司だったので、一応同じ席。格は雲泥の差だったが)
ところが、その議員さんは仕事が忙しく遅刻するとのこと。
「席をあけるわけにはいかないので、私が使わされました。よろしく」と
若い男性が座っていた。いわゆる議員秘書だと思う。

ところがこの秘書、何も食べないのよ…。
「先生のための食事なので、僕が手をつけるわけにはいきません。
皆さん、どうぞ気にせずに召し上がってください」って言われたんだけど、
同じテーブルで皆が食事してるのに、一人だけ姿勢を真っすぐにして座ったまま。
水さえ飲まなかった。本当にただ座ってるだけ。

これで議員とやらの遅刻が10分かそこらだったらまだいいけど、
1時間も来なかった。秘書の前には手付かずの料理の皿が大量に並べられたままだし、
同じテーブルの皆も飲食するのに気が引けてしまった。
私もろくに喉を通らなかった。皆が歓談してるのに、一人だけきちんと座ったままの彼が
あまりにも可哀想に見えたから。

結局、当の議員は1時間と少し遅れてきて、いろんな皿に申し訳程度に箸をつけ、
スピーチ(遅刻のため順番を入れ替えた)をしていったけど、なんとなく気まずかった。
議員秘書ってあんなことまでしなきゃならないんだ…と、ちょっと驚いた一日だった。
代理なら代理で、せめて周囲から浮かないように食事だけでもすればいいのにと思う。

488 :愛と死の名無しさん :2005/05/20(金) 18:10:20
そういう世界の秘書に、うちらの常識は通用しない。
先生の為(ひいてはそれが自分の為)ならなんでもする連中だよ。
一時間飲まず食わずで座っていたなんて別に苦痛でもないでしょう。
きっと基本的にお殿様と忠臣みたいな関係なんじゃないのかな?
その時同席した人は歓談出来ない苦痛の一時間だったね、お疲れ様。



関連記事



コメント:11 |  2009.09.27 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 14 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1114438015/

409 愛と死の名無しさん :2005/05/19(木) 17:31:56
職場の同僚A子の披露宴に出席したときのこと。
A子は、本社の重役の娘で、親のコネでうちの支社に入社しており、
披露宴前のロビーには、本社の重役である招待客も多くいた。

そして、披露宴の席次表をもらって、一同騒然。
新婦側招待客の一番上座のテーブルに、新婦直属の上司。
(支社の課長、係長、主任クラス)
二番目のテーブルに、我々新婦同僚(普通のOL)
そして、三番目、四番目のテーブルに、父親の関係者である本社の重役。

「すべて手作りの披露宴にするから、両親には口出しさせなかったの。」
とは言っていたが・・・まさかこんな席次表を渡されるとは。
本社の重役より上座に座ることになり、恐縮する我々。
披露宴開始直前になって初めて席次表を見て、慌てて、
重役たちに平身低頭謝りまくる新婦両親。
「席を変更してもらえないだろうか」という新婦両親の言葉に、
新婦上司であるうちの課長たちも我々も快諾。
(つーか、本社重役より上座じゃ我々も落ち着かないし)

が、肝心のA子が、かなり不機嫌。
披露宴の間中、重役の席を睨むわ、
キャンドルサービスの際にも重役のテーブルでは頭を下げようともしない。

そして、二次会で、かなりお酒が入ってきたころ。
「信じられない!私の披露宴なのに!なんで席かえなきゃなんないわけ!?
大体、本社のえらい人たちなんて私は呼びたくなかった。
父親がどうしてもって言うし、お金出してもらってたから逆らえなかったし、
結局はご祝儀目当てで呼んだだけ。なのに、一番上座に座って!」
と、怒鳴りまくるA子。
席替えに応じた我々同僚に対しても
「なんで、席替わるの!?」と、からみまくって、かなりひいた。

410 :愛と死の名無しさん :2005/05/19(木) 17:40:19
>>409
うはーw
いくら手作りでも、礼儀作法のポイントはおさえとかないとねえ。
一番上座の課長たちが一番かわいそうだな。なんかとばっちりで心象
悪くなってたらどうすんだろうね、A子ちゃん……

412 :愛と死の名無しさん :2005/05/19(木) 17:44:27
父親関係で呼びたくもない本社重役を呼ばざるをえなかった時点で、
すでに「口出しさせなかった」とは言えないような気が・・・
ほんとに口出しさせたくないなら、費用を親に出させず、
身の丈にあったささやかな(それこそ手作りの)パーティーにでもすればよかったのに。

父親の要求をはねつけきれず、あきらめて重役を招待したのならば、
社会的に失礼でない扱いでもっておもてなしすべきだよね。大人なんだから。
酔って文句言うなんて最低だと思うが。

413 :愛と死の名無しさん :2005/05/19(木) 17:45:53
>409
新郎側の反応はどうだったのでしょう?
もし新郎親族が事情を全て知ったなら、海老の如く引きまくることだろう……

414 :愛と死の名無しさん :2005/05/19(木) 17:48:06
つか、普通式場の人がチェックしないか、席次って。

424愛と死の名無しさん :2005/05/19(木) 18:05:22
>>409です。
席次表も手作りで、新婦手書き。
「肩書きなんて堅苦しいものは省きました」と、
肩書き抜きで、名前だけの羅列だったので、名前を見ただけでは式場の人も
どの人が一番偉いのかとかチェックしきれなかったのではないかと。
普通、式場の人がチェックするよなあ・・・と、私も思ったのですが
後日A子に聞いたら
「式場の人に聞かれたけど、ちゃんと、偉い順番です、って言ったら
別に何も言われなかったよ」だ、そうです。
手書きはかまわないけど、課長の名前の漢字間違えてたよ、A子。



関連記事



コメント:8 |  2009.09.26 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 14 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1114438015/

383 :愛と死の名無しさん :2005/05/18(水) 20:43:38
姉の結婚式で、新郎の妹のだんなさんが
会場で用意したカメラマン押し退ける勢いで先頭で写真撮ってた
式も披露宴もずっと
仕上がった写真見たら、ほとんどの写真にそのだんなさんの
つやつや光る頭が写ってた

チャペルで鐘をならしてつやつや
お色直しでつやつや
ケーキ入刀でつやつや
高砂でつやつや
余興でつやつや
お見送りでつやつや
つやつやつやつやつやつや
だぁぁぁ!目線がそっちへ行く!

384 :愛と死の名無しさん :2005/05/18(水) 20:44:33
ワロタ


関連記事



コメント:4 |  2009.09.26 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 14 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1114438015/

258 :愛と死の名無しさん :2005/05/16(月) 21:00:34
明るい不幸な話はないか

259 :愛と死の名無しさん :2005/05/16(月) 21:19:06
ひとから聞いた話だし、明るいかどうかわからんが。

新婦とバージンロードを歩く新婦父。
緊張でまともに歩けなくなっちゃったね。歩き方がおかしかったそう。
それこそ右足と右手が一緒に出るようなとてもぎこちない歩き方。

ここまでは普通にある話かもしれないけど
披露宴に入ったら先ほどの緊張を引きずったままの新婦父。
披露宴中にバターンと倒れてしまったそうな。

その披露宴会場には新郎の勤め先が火消しさんだったので
救命救急が出来る方がたくさんいらしたそうで・・・。
「さぁ、みんなで助けるぞ!」って同僚はもちろん、新郎もあわせてみんなで応急処置したそうです。
新婦父は救急車に乗ることなく無事に帰宅できたらしいです。
でもそれから新郎には頭が上がらないと聞きました。

新婦父には不幸なお話でした。



関連記事



コメント:5 |  2009.09.26 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事