ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 19 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1132992390/

673 :愛と死の名無しさん :2006/01/04(水) 22:03:36
昔出た披露宴。新婦伯父のスピーチを要約すると、
「当家はもともと○万石の大名でしたが、明治維新でいろいろ取り上げられ平民になり、
今回こうして(新郎実家)家とご縁が出来ました。
平成の世ですし、身分違いなどと気にせずに末永くよろしく」
という内容だった。
会場唖然。
披露宴終了後、「あっちの家は何様のつもりだ!」と会場外で新郎親族が切れまくっていた。
わざわざ新婦への風当たりを強くしてどうするよ…。

674 :愛と死の名無しさん :2006/01/04(水) 22:08:36
何じゃそれ
バカじゃないの 新婦伯父。
新婦が気の毒かも

675 :愛と死の名無しさん :2006/01/04(水) 22:18:07
今は平民なんだよね。
過去の栄光にすがってる新婦伯父哀れ。

679 :愛と死の名無しさん :2006/01/04(水) 23:56:14
本当に余計な事を言う伯父だな
「身分違い」などと勘違いも甚だしい
新婦の両親もそうなのかと思っちゃうね



関連記事



コメント:21 |  2009.11.17 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 19 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1132992390/

583 :愛と死の名無しさん :2005/12/28(水) 09:45:08
私が見た不幸な結婚式。
新郎新婦はとある楽団で知り合って結婚したカップル。
披露宴出席者も共通の楽団の団員が半分以上。私は新婦の学生時代の友人。
音楽関係の披露宴では当たり前なのだろうか、余興で演奏会が始まった。
4曲演奏されて、それだけでも中だるみしてきてたのに、
さらにもう一組の楽団が登場し、さらに4曲演奏。
新郎新婦は二人とも二つの楽団に属していたので、ずっと演奏している。

二次会でライブハウスとか借り切ってやればいいのに…。と思いながら聞いてて
演奏終了したのは午後10時半。ちなみにこの日は日曜。ナイトウエディングでした。

そして演奏終了後、なぜか楽団同士で打ち上げが始まる。新郎新婦も一緒になって
騒いだり、写真取り合ったり、楽団の人達だけで盛り上がってる。
そういうのは二次会ですればいいのに、親族や他の友人は放置。
食事も少なかったので食べつくし、何もする事が無い。

終了したのは11時半。私は近場だったので帰れたが、
遠方から来てた他の友人は終電が無い。
その方たちはどこかの飲み屋で一晩明かしたそうだ。

肝心の新郎新婦はその後楽団の人たち主宰の二次会でオールナイトだったそうで、
「終電無いなら来ればよかったのにー。楽しかったよ☆」とメール着てからは
お付き合いするのをやめました。というか、お付き合いする機会も無い。

584 :愛と死の名無しさん :2005/12/28(水) 10:09:30
>>583
計8曲か、それは拷問だなあ。
俺の友人の結婚式で新婦が音大卒ってケースがあったけど、
招かれていた大学時代の友人3人で、ピアノ独奏と歌(あと1人がピアノで伴奏)の2曲だったなあ。
まあ他に、新郎の伯母による「祝いなんとか」って演歌のふりつき熱唱というサムいシーンもあったが。

589 :愛と死の名無しさん :2005/12/28(水) 11:11:25
>>583
他の人を置き去りにして、内輪だけで盛り上がる披露宴て嫌だねぇ。
打ち上げも楽団以外の人間が参加したら気詰まりだろうに。

たぶんその夫婦、かなりの人からフェードアウトされてると思うよ。



関連記事



コメント:1 |  2009.11.17 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 19 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1132992390/

581 :愛と死の名無しさん :2005/12/28(水) 09:27:04
自分が出席したわけじゃないんだけど不幸な結婚式の話。
うちのカミさんが、俺と結婚する前に出た、高校の同級生の結婚式なんだが、
なんと披露宴で「新郎は両親の実の子ではない」ということが明かされた。
(いちおう断っときますがカミさんの同級生は新婦のほうですよ、もちろん)
明かした、というかバラしたのはスピーチに立った新郎の伯父さんだそうで、
「実の子ではないのに立派に育てて」みたいなことを言ってしまったらしい。
新郎自身もその時までまったく知らなかったらしくて、場が凍りついた。

といっても、不幸なのは新郎の生い立ちや、それを披露宴で明かされたことではなくて、
このバラしが発端になって、伯父さんと新郎の父による兄弟喧嘩が始まったこと。
「なんでそんなことをバラすんだ」「話してると思うだろう」みたいなやりとりから、つかみ合いになったらしい。
(どうも、カッとなると周りが見えなくなるという点でよく似ている兄弟のようですな)
けっきょく披露宴はメチャクチャになってしまって、新郎新婦は生い立ちのことを気にしている暇はなかった。
それどころじゃなくて、場を収めなきゃならないし、参列者には謝らなきゃいけないしで。

なんでも新郎は、生まれてすぐに養父母に引き取られて、戸籍上は実子になっているらしいし、
血液型も、あり得る組み合わせのようだ(このへんは後日、カミさんが同級生から聞いた話)
本人は「生みの親より育ての親」ということで、養父母こそ親という気持ちだそうだし、
親子関係にヒビが入ったりもしてはいないらしいけれど、
披露宴がメチャクチャになったことは、ちょっとしたトラウマになっているとか。


関連記事



コメント:20 |  2009.11.17 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事