ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 25 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1158308836/

829愛と死の名無しさん :2006/11/18(土) 01:23:16
従兄の披露宴に出席したときの話ですが、
花嫁が音大の声楽家を卒業した人で、
最後の手紙朗読の代わりに歌を披露しました。
歌詞が日本語ではなかったので、
その時は何と歌っているのか分からなかったのですが、
メロディがとても美しかったので、CDを入手したいと思い、
式次第に書かれた曲のタイトルをぐぐってCDを買いました。
CDに添付された歌詞の日本語訳を読んでびっくり。
「呪われた私の親は、私を狭い牢獄に閉じ込めていたいようだが、
いまこそ自由を手に入れるときだ」というような内容でした。
どんな両親の元に生まれ育ったのか詳しく知りませんが、
花嫁とその両親との間に、なにか確執があったのかもしれません。
披露宴自体は何事もなく執り行われましたが、
後日サムい想いをしました。

830 :829 :2006/11/18(土) 01:24:17
声楽家→声楽科
誤字ごめんなさい

832 :愛と死の名無しさん :2006/11/18(土) 01:27:44
>>829
すげー、意味分かって歌ってたんだよね。

831 :愛と死の名無しさん :2006/11/18(土) 01:27:06
>>829
なんて歌?

833 :829 :2006/11/18(土) 01:31:30
>>831
とあるミュージカルの中の一曲です。
元ネタはドイツ語ですが、翻訳されて日本でも最近上演されたようです。
関係者が見てるとやばいので、これ以上は自粛スマソ

関連記事



コメント:25 |  2010.01.09 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 25 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1158308836/

801 愛と死の名無しさん :2006/11/17(金) 22:54:50
姉の結婚式で
両親に感謝の手紙を読み終わって、式も終わりに近づいた時
義兄の従姉妹(二十歳位)が
「ずっと好きだったのに!」
って義兄に告白をして、騒ぎ出してえらい事になった。

従姉妹は式場から連れ出したけど、親族は顔面蒼白
このまま終わらせるのかと思ったら

姉が
「本日はお忙しい中ありがとうございました。
この様な事はこれから先そうそうある事ではありませんが
何かあった時のいい予行練習となりました。
若輩者ではございますがこれからもご指導ご鞭撻お願い申し上げます」
と笑顔で言って頭を下げて式を終わらせた。

その後もニコニコと招待客を見送ったけど
終わった後はそりゃすごい事になりました。

姉にとっては不幸な結婚式だったと思うけど、私は姉の凄さと怖さをしりました。
長文スイマセン
... 続きを読む
関連記事



コメント:14 |  2010.01.09 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 25 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1158308836/

739愛と死の名無しさん :2006/11/16(木) 22:15:42
大学時代のサークルの仲間同士が結婚し、その披露宴に呼ばれた時のこと。
チャペルでの式が終わり、当時独身だった私は、
他の独身友人と共にブーケトスに参加。
いざブーケが空中高く投げ上げられた!その瞬間、
私の隣にいた、同じサークル仲間だったA子が、
必死の形相でブーケをキャッチするや、
そのブーケを鷲掴みにして新郎をめちゃめちゃに殴り始めた。
ブーケは無残にも散乱し、新郎は何か喚きながら退散、新婦は号泣。
A子はその場にいた親族に取り押さえられ退場。
その後の披露宴では、目を真っ赤にした新婦だけが姿を見せたが、
新郎は最後まで出てこなかった。

あとで聞いた話だが、新郎は在学中にA子と新婦を二股していたのだが、
そんなことは露も知らぬ新婦が、サークル仲間全員を披露宴に招待したところ、
その中にA子もいたとのこと。
新郎新婦はその後すぐ離婚しました。

740 :愛と死の名無しさん :2006/11/16(木) 22:20:15
>>739
すげー。
新郎はきっとA子の招待を知りつつも「A子だけ呼ぶな」
とは言い出せずに当日になっちゃったんだろうね。

741 :愛と死の名無しさん :2006/11/16(木) 22:21:03
>>739
やっちゃったよA子、式当日まで悩んだろうなー

742愛と死の名無しさん :2006/11/16(木) 22:23:55
>>740
ええ、多分言い出せなかったのだと思われます。
現場は、招待客の悲鳴や怒号が響き、
ブーケの花が無残に散乱し、
しかも地面にまかれたライスシャワーに大量のドバトが飛来するという、
目もあてられぬ光景ですた。

743 :愛と死の名無しさん :2006/11/16(木) 22:29:06
乙でした。
他の招待客も金使って行ってるのにその展開はしんどいなあ。
披露宴では皆料理食べて帰ったの?
ご祝儀返還とかはナシ?

745739 :2006/11/16(木) 22:32:44
>>743
普通に料理を食べて帰りました。
新婦のお色直しでは、新婦のお母さんが入場・退場共に付き添ってました。
ご祝儀は返還されませんでしたが、新郎のお父さんが
「至らない息子ですが、今後とも宜しくお願いします」
と小さくなって頭を下げていたのが痛々しかったです。

後にも先にもあんな結婚式は見た事がありません。

746 :愛と死の名無しさん :2006/11/16(木) 22:32:55
A子と新郎のことはサークル内の誰も知らなかったんだろうか。
よくそんな地雷を放っておいたな新郎・・・

750 :愛と死の名無しさん :2006/11/16(木) 22:37:32
↑つりぃ
披露宴のだいぶ前に席ジヒョウを作るでしょ?式場の人ともかなり打ち合せあるわけだし・・
二股かけてた新郎が、気付かないわけないじゃんwww

751 :愛と死の名無しさん :2006/11/16(木) 22:39:25
>>750
つ【気付いても言い出せない】
つ【まさか修羅場はないだろうと高をくくっていた】
つ【言い出して二股がバレるよりはA子が大人しくしている方に賭けた】

752 :愛と死の名無しさん :2006/11/16(木) 22:40:16
>>750
 新郎は、自分なりにうまく別れたつもりだったのかも。
 披露宴にくるくらいだから、もう吹っ切れてくれてるんだろうと勘違いしたとか。

753 :愛と死の名無しさん :2006/11/16(木) 22:41:15
お友達になってるつもりだったのかも。
能天気な新郎だったんだろう。

749 :愛と死の名無しさん :2006/11/16(木) 22:37:28
この披露宴の司会者のことを考えると胸が痛みます。
司会はどんな感じだったの?

759 :739 :2006/11/16(木) 22:55:53
>>749
司会は年配の女性でしたが、もう絶妙な進め方で素晴らしかったです。
新婦を立てつつ、新郎をかばいつつって感じで、プロはすごいやと思いました。

二次会がドタキャンされたので、かつてのサークル仲間と飲みにいったのですが
半分くらいの人が二股の事実を知っていました。私は知りませんでしたが・・。




関連記事



コメント:12 |  2010.01.09 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事