ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 25 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1158308836/

916 :愛と死の名無しさん :2006/11/23(木) 23:01:15
新郎がヅラの結婚式かな
セットがヘタクソすぎるのと旧式なヅラのためバレバレ
結婚式の時くらいちゃんと式場の人がやってくれるだろーと
思っていたが、普通の結婚式場ではなくて、
元旅館で今ホテルみたいなショボーイところでやったために
花嫁は普通にやってもらえたが新郎は放置プレイ
(羽織り袴の時だけは人が来たようだが)
結婚式の写真見てもコメントできねぇよ…
ちなみにその新郎は後にカミングアウトして今はほぼスキンヘッドです

917 :愛と死の名無しさん :2006/11/23(木) 23:47:00
バレバレのヅラって気を遣うから疲れるよね。

918 :愛と死の名無しさん :2006/11/24(金) 00:23:35
なんかコント見てるみたいだ>バレバレのヅラ

919 :愛と死の名無しさん :2006/11/24(金) 00:26:08
招待客の視線はある一点に集中してたんだろうな。

920 :愛と死の名無しさん :2006/11/24(金) 00:30:30
>>919
むしろ不自然に新郎から目を逸らし・・・とか。

関連記事



コメント:2 |  2010.01.10 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 25 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1158308836/

889 :愛と死の名無しさん :2006/11/19(日) 14:00:56
俺の高校時代からの親友、
高校から社会人になるまで同級生と付き合っていた
周りからも二人はこのまま結婚するであろうと思われていた
あるとき彼女の親の会社の経営が苦しくなり親の知り合いの
金持ちの息子と無理矢理結婚させられることになった
二人はかなりいろいろあったけど別れることとなった

俺は彼女の友人として結婚式に出席した
披露宴で「彼女のお腹の中には二人の愛の結晶がいます」
と報告されみんなから祝福をされていたが俺は知っている

そのお腹の子は別れた彼の子供であることを・・・

さて、彼女一家はいったいどうなるだろう・・・

894 :愛と死の名無しさん :2006/11/19(日) 16:15:18
>>889
その女は恋人がいるのに横恋慕されるほどいい女だったのだろうか。

男がいる女を無理矢理嫁にしようなんていう金持ちの息子は
誰にも相手にされないくらいどうしようもない男だったのだろうか。

それとも女の親があくどいくらいやり手で、
姻戚関係作って借金精算しようとしたのか?

好きでもない相手と結婚する女も気の毒だし、
よその男の子を知らずに育てる旦那も気の毒。
夫婦になったらひょっとして生活してるうちに情も移るかもしれないけれど、
子種は違うって事実はどうやったって消せない。

子どもには罪がないのに、つくづく気の毒すぎるねぇ。

895 :愛と死の名無しさん :2006/11/19(日) 16:18:38
>>889
親が悪いよ
女も男も気の毒だ


関連記事



コメント:38 |  2010.01.10 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 25 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1158308836/

873 :愛と死の名無しさん :2006/11/18(土) 19:43:49
自分が出席した披露宴の出来事で強烈な印象だった出来事

1. 新郎の仕事繋がりで出席した時、新婦の友人がモ娘。を歌っていた。
簡単なフリ付きで、見ていてとても可愛らしく、終った時には拍手喝采だったのに、
その子たちが演台から降りようとした時、新婦の叔父とかいう中年男性が
いきなり拳を振り上げて怒鳴り出した。
方言交じりだったから正確じゃないけど、どうやら「写真を撮ってないのに勝手に
歌い終わるな!」と言ってるらしい。
はらはらして見ていたが、進行役も男性の縁者も誰も止めようとしない。それどころか
新郎新婦までもが「もうちょっと気を利かせなよね~」と怒る男性を擁護していた。
後で「見苦しいことになっちゃって…」と愚痴りににきた仲人(上司)がかわいそうだった。


2. 田舎ならではの披露宴で、和太鼓と三味線の伴奏で民謡が歌われた。歌ってたのは
プロの民謡歌手で、じーさん、ばーさんは大喜び。立ち上がって踊る人も出ていた。
しかし、酔っ払っていい気分になってたじーさん、一人の女性(新郎の姉)を踊りに
引っ張りだそうとしたが、その女性は足をケガしており松葉杖が無いと歩けない。
それなのに無理矢理腕を引っ張られ、女性は床に転倒した。それでも更に腕をひっぱるじじい。
やめてください、と泣きながら訴える女性。
司会者が気付いて、民謡の演奏を止めた中、じじいは会場から連れ出され、女性は
スタッフに付き添われ一時席を外した。


自分が結婚するときは、親戚の中年男性には気をつけようと思った。



関連記事



コメント:28 |  2010.01.10 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事