ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 30 *****
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1174060764/

488 :愛と死の名無しさん :2007/03/28(水) 14:53:44
友達の結婚式での話。
新郎も新婦も小さいゲームソフトつくってる会社に勤務。
社員がバイト除くと十数人くらいの小さいところなので全員を披露宴に呼んだものの
結婚式の前々日にバグ(?)か何かが見つかって、新郎も新婦も会社に缶詰状態に。
二日間ほぼ徹夜で対応したもののそれでも終わらず、挙式当日新郎と新婦、さらに
直属の上司のみが会社から直接披露宴会場へやってきて、後のみんなは会社で仕事。
新郎・新婦・上司ともに目が真っ赤でどこかやつれた感じ(話聞いてたからそう見えただけかも)。
式が始まっても仕事のことが気になるのか二人ともほとんど笑顔がなく、
時々新郎や上司が携帯をもって外に出て電話する姿もみられた。
当然、披露宴会場には十数個の空席が…
そんな感じなのでいまいち盛り上がりに欠けたちょっと寂しい披露宴となってしまった。
ちなみにその後の新婚旅行はキャンセルして、挙式が終わった当日の夜から仕事に明け暮れたそうです。

489 :愛と死の名無しさん :2007/03/28(水) 15:13:46
20年くらいたったら良い思い出になりそうではあるけどなw

490 :愛と死の名無しさん :2007/03/28(水) 15:18:42
家庭円満だったらな


関連記事



コメント:12 |  2010.03.06 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 30 *****
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1174060764/

463愛と死の名無しさん :2007/03/27(火) 21:40:38
ちょっと前に出た友達(新婦)の結婚式が凄かった。
新婦とは学生時代の友人で、卒業後も偶に遊んだりする仲だった。
新婦は子連れ再婚。新郎は初婚。職場で知り合い結婚の運びとなったらしい。

まず招待状がメール。(一応事前に話は聞いていた)
後から印刷されたものが来るのかと思ってたら来ない。
日時、会場、交通機関など、挨拶文の後に箇条書きになって届いた。
一応本人的には丁寧さを心掛けたのか、「会場までの所要時間と交通」が
『「駅すぱあと」検索結果』と題されて記載されてた。
友人一同、呆気に取られる。

すぐに電話して問い合わせたら、式と披露宴はするけれど
身内だけの簡素なものだから…との返答。
そういう問題か?と思ったが、お祝い事にケチを付けるのも躊躇われ、
出席の意向を伝えた。

会場がまた遠い。日帰りで県を約2つ跨ぐ事になる。
招待メールには私の4歳になる娘も一緒に、とあったが、
身内だけの式に友人の子供というのも憚られ、何より会場が遠いし
到着してからも長いから途中ぐずったら失礼に当たると遠慮した。

そしたら前日、新婦から焦った声で電話が入る。
明日どうしても子連れで出席して欲しいと。
断っても「いいからお願い!」と食い下がる。

464 :続き :2007/03/27(火) 21:41:43

結局当日は子供は置いて他の友達と待ち合わせて出席したが、
会場に着いてどうしてあんなに必死だったのか分かった。

新婦側の列席者、私、友人、新婦の子供。その3名だけ。
両親も親戚も職場の人も友人も、だ~れもいない。
聞けば両親とは数日前に大喧嘩して絶縁状態だとか。
親戚付き合いは元からなく、身内だけの式なので職場関係は呼ばなかった。
頼みの綱の友人は皆、子供が小さい、会場が遠い(翌日早出の仕事)などで欠席。
だからあんなにうちの子の出席を哀願したのか…。小さくても頭数に入れたかったのね。

親族のみの写真撮影にも「お願い、入って!」と懇願され、
さすがに親族だけなのに…と遠慮していると、新郎母からも「新婦のみでは形にすらならないから」と頼まれて、スタッフさんに促されるまま新婦の横に友人と立ち撮影した。

披露宴は食事会形式だったが、友人と二人で挨拶&お酌に来た新郎母、
新郎親戚からチクリチクリと新婦への嫌味を聞かされ、胃袋が縮み上がった。
新婦から「新郎両親も結婚には賛成してくれて~」と聞かされていたが、
どう好意的に見てもそうは取れない。てか、そうだったとしても今日の事が
マイナスになるとしか思えない…。

その後赤ちゃんも生まれ、仲良くやっているらしいが、
新郎実家とは絶縁状態だという。

465 :愛と死の名無しさん :2007/03/27(火) 21:54:41
うーん・・・たしかに不幸なんだが・・

466 :愛と死の名無しさん :2007/03/27(火) 22:01:55
素朴な疑問が・・・

メールということは、出欠は当然事前に返信メールで受け取っていたと思うんだけど
何で突然前日になって焦った声で電話がはいったのだろう?
その前に出席者の数が少ないのはわかってたはずなのに。

468愛と死の名無しさん :2007/03/27(火) 22:19:08
>>466

新婦の親友が生後数ヶ月の赤ちゃんを
どこにも預けられないと前日に電話してきたらしいです。
なんでも新婦には実家へ預けるから出席出来ると伝えていたが、
都合が付かなくなってドタキャンになったみたい。

出席した私と友人はその子とは特に交友がなかったので、
当日会場に行って知りました。
他に招待メールを送った人達は、身内の式とあって5名程だったとか。
親戚付き合いがない事は最初から新郎側に伝えていたから、
両親と友人4名でもいいか…と思っていたのに、突然前々日と前日に
友人2名が欠席報告をして、おまけに両親も出席しない事になり、
それで頭数だけでも増やしたくて「子連れで!」と電話してきたようです。

欠席報告が前々日になった子は急な出張が入って抜けられなかったらしい。

469 :愛と死の名無しさん :2007/03/27(火) 22:22:19
それでも子供ができて上手くやってるんだから、結婚生活なんて分からんものだなあ


関連記事



コメント:9 |  2010.03.06 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 30 *****
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1174060764/

447 愛と死の名無しさん :2007/03/27(火) 20:10:54
>>346読んで思い出した。
高校の同級生(♂)Aが、大学在学中に中国から来た留学生と恋に落ちた。
彼女はとても美人で成績もよく日本語も上手。しかし、バツイチで幼い子どもを中国に
残していた。しかしそういう悪条件のためにさらに燃えたのか、Aは留学生と結婚を誓い合った。
彼女は大学をやめ、子どもを中国から呼び寄せてバイトを始めた。
Aが親に報告したところ、親は大反対。実はAは地元じゃけっこう大きい会社の跡取り息子。
会社を中国人嫁に渡すわけにはいかん、ということで親と殴り合い寸前のケンカになった。
Aは駆け落ちを決意、「勘当してくれてかまわない」と書置きを残して彼女と逃げた。
大学も中退した。親はAを諦め、若手専務を後継者に指名し、遺言書も書き換えたそうだ。

で、二人っきり(+子ども)で海辺のきれいな教会で式を挙げたところまではドラマのようなんだが、
Aが会社を継げないと知った彼女の態度が急変。とめどない争いが続き、なんと彼女は子どもを
彼のもとに残して中国に帰ってしまった。人のいいAは血のつながらない中国籍の子どもと
一緒に実家に戻り、親に土下座して詫びを入れ、親の会社で働き始めた。もちろん平社員で、
これからもずっと平社員、という条件だそうだ。(これが15年くらい前の話)

これはAと仲良かったBから聞いた話なのでいまAがどうなってるか全然知らないのだが、
とりあえず幸せになっててほしい。
不幸な結婚「式」ではないけど、今まで自分が聞いた中で一番不幸な話だった。

448 :愛と死の名無しさん :2007/03/27(火) 20:21:28
挙式以降の展開もドラマみたいだよ・・・・

449 :愛と死の名無しさん :2007/03/27(火) 20:26:39
>>447
ちょっとだけ嘘くさい。

私の周りの中国人嫁は、最低数年は我慢する。
数年待つと自然に日本国籍が手に入るからその後離婚するのがお約束。
あと、大きい会社の跡継ぎじゃなくても中国人からしてみればかなりの金持ちには違いない。
中国人の平均月収は日本円でいうなら月3万円程度。
あっさり帰る理由がわからない。
さらにそのとき子供を置いてかえるというのも意味がわからない。
中国人というのは日本人が思うより「家族」のつながりを大事にするはず。
オマケで。
日本国籍をもたないその中国人の子供は、正式な養子縁組も無理だから中国に強制送還されたはず。

本当なら、ね。

455 :447 :2007/03/27(火) 21:06:37
>>449
彼女の実家は金持ちで、お金そのものには不自由してなかったらしい。
Aを狙ったのは、結婚してゆくゆくはAの会社の重役になって、日本と中国をまたにかけて
ガンガン金儲けしたかったらしいという話。
子どもを置いてったのは、
1.離婚した夫の子だから
2.Aと彼女はすでに入籍し、子どもをAの養子にしていたから
3.子ども好きなAに子どもがなついていたから
らしいです。どうやら、彼女は子どものことあんまり好きじゃなかったんだけど、
「不幸な私」「子どものために頑張ってる私」をAにアピールしまくっていたために
結婚するとなったときに子どもを呼ばざるをえなかったらしい。
まあ、ここで見たらたしかに嘘くさいですな。私だって聞いたときは嘘だと思いましたよ。
しかし本当だったんだ・・・



関連記事



コメント:44 |  2010.03.06 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事