ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 34 *****
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1179838807/

185 :愛と死の名無しさん:2007/05/24(木) 15:40:23
親戚(新婦)の結婚式
田舎のほうの人と結婚とのことで、遠方まで行く。
夫婦で(親は別行動だった)会場に入ると、新郎席が一斉にこっちを向く。
しかも、目つきが鋭い!まるで探ってる監視している様。
鋭い視線を浴びつつ、新婦側の親族席につくと視線が和らぐ、というよりも
関心がなくなった様子。
結婚式なのに、なぜかギスギスしている。
不思議に思いつつも、親が開始直前に来たので聞けずじまいで開始。
お祝いのスピーチが始まる。司会者は挨拶者の紹介をする。
”スピーチをしてくださるのは、○×町長の○○様です”
恰幅のいいおっさんが登場、これが原因だったのか!と納得しつつ
長いスピーチを聴く。
スピーチが終わり、ようやく乾杯だ。
司会者が、乾杯をあげる人物を紹介する。
”○×町 前 町長の××様です”
席次表をよくみていればわかったのですが、(親族席だったのであまり
みていなかった)新郎側には、町長派と前町長派が出席しており、
当然、お互いは仲が悪い。(前は現に惜敗だったらしい)
新郎親は前町長派。本来ならば呼びたくもない人間を呼んで、しかも
挨拶させている。現町長は俺の天下とばかりに出席、喋り捲る。
先ほどの視線も、どっちの人間が来たかを見るためだったというのが真相。
結局、式がお互いの政争の場となってしまい、お互いトゲのあるスピーチ
となってました。


関連記事



コメント:5 |  2010.04.21 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 34 *****
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1179838807/

119愛と死の名無しさん:2007/05/24(木) 00:49:28
GWに従兄の結婚式に行って来た。従兄は伯父(父の兄)の長男。
自慢の息子の結婚式で、随分前からハイテンションだったのに
伯父は表情が硬く、ずーっともの凄い不機嫌。どうも新婦両親
が気に入らないらしく、目も合わそうとしていない。

確かに新婦両親はかなり浮いた感じの人で、娘の晴れの席でも
黒いスーツで(しかもちょいだらしない)ネクタイ歪んだまま
だったり、和装の母は髪のセットすらしていなかったり、既婚姉
3人は妙な着物(日舞の稽古用みたいなの。色留袖でも訪問着でも
ない。着付けの女性達が動転していた)連れてきた子供達がジャージ
着てたり、妙な一族なのは確かだった。

伯父があまりにも不機嫌オーラ出しまくりで、余興は何一つ
盛り上がらず(元々大して面白くもないカラオケ等)まるで
通夜だった。式の終盤、伯父が親族席にやってきてそっと言った。
「すまん。料理だけは、料理だけはこだわったつもりや。皆には
迷惑かけたと思うけど、本当にすまんけど、許して欲しい。新婦
は可愛いしええ子や。でも俺はどうしても許せん」確かに料理は
とても美味しかったので、皆ひたすら黙って食べていた。

120 :119:2007/05/24(木) 00:50:43
>>119続きです。

式後、旅館を取ってもらってたので、親戚が集まり誰かが引出物
を開封。中身はスーパーで売ってそうな缶入りクッキー(ブルボン
ではないが、398円とかの)とキ○ンドゥで見たようなポットと
コップ2個のセット(急須ではなくポット。それにコーヒーカップ
の持ち手部分が無いような、半端な形状の茶碗。箱の写真では緑茶
らしきものを入れてる。しかもMade in China)。食器に詳しくない
私でもありありとわかる安っぽさで「お料理に使いすぎたのかね」
と皆がちょっと苦笑していた。

そこに伯父夫婦が挨拶にやってきて、いきなりぶちまけた。
伯父は新築一戸建ての新居の他に結納金として新婦に300万円
用意したらしいのだが、新居に行ってみたら家財道具が何一つ
無かった。驚いて「嫁入り道具は?」と聞いたら全額新婦両親
が自分の店(シ○ディをやってる)の借金返済にあててしまってた。
費用は全額伯父持ちで、引き出物等は新婦実家がシ○ディで商品
セレクト。あげく選んだのは「ナニコレ?」商品。結納等でも
色々あったらしく、最終的には新婦親族のあり得ない服装で伯父
は完全に切れてしまい不機嫌だったのだそうだ。

新郎34歳、新婦22歳なので「ウチの息子の嫁に来てくれるだけで
有り難い」という伯母も「嫁子は可愛い子なんだけど、なんかあの
親御さん…娘を売ったみたいな感じでねぇ…。でも悪いことしてる
とか思ってないみたいなのが余計気持ち悪いんよ」とぽつり。二人
は今のとこ幸せそうだが、正直先行きはちょっと不安だ。

121 :愛と死の名無しさん:2007/05/24(木) 00:55:39
>>120
乙。
シ○ディってなに?
100均みたいな店?

122 :愛と死の名無しさん:2007/05/24(木) 01:01:01
>>121
ギフトショップのシャ◯ィかな。

127 :愛と死の名無しさん:2007/05/24(木) 01:05:27
>>120
> (ブルボンではないが、398円とかの)

ブルボンって安物か?
かなり良いと思うが

129 :愛と死の名無しさん:2007/05/24(木) 01:09:01
>>127
引き菓子でブルボンはないだろう。

130 :愛と死の名無しさん:2007/05/24(木) 01:09:45
>>127
釣りか、釣りだよな?
完全にスーパーの袋菓子だろうが。

関連記事



コメント:40 |  2010.04.21 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 34 *****
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1179838807/

88愛と死の名無しさん:2007/05/23(水) 22:12:30
私(新婦)自身が不幸だった話。
もう何年も前のこと。やっと人に話せる心境になってきた。

結婚式当日。会場に着くと、
「本日、このメンバーでお手伝いさせて頂きます。宜しくお願いします。」と、
プランナー、美容師、介添人、カメラマン、式場スタッフのチーフらしき人、その他諸々が
ずらりと私達新郎新婦の前で挨拶した。

……
………
…………
………………

カメラマンが元彼だった…orz

そりゃ、付き合ってたのは大学在学中の3年間で、もう5年も前(当時)の話だけどさ?
学生時代、写真を嗜んでたのも知ってるけどさ?
「オレはカメラマンで身を起こす」って、先輩のコネで取った内定を蹴ったのも知ってるけどさ?
あんた、『報道カメラマン』になるって言ってたじゃん!!
何で結婚式のカメラマン、しかもよりにもよって、
私が結婚式あげる式場で、今日、あんたの顔見なくちゃならんのじゃ…

奴はとりあえずビジネスライクに徹し、
「新婦さん、こっち見て下さい!」
「表情堅いですよ!」などなど、一応仕事はしてくれたのだが、
笑えねぇぇぇぇぇぇぇ!
私の写真はどれもこれも目が引きつり、口だけ端っこが持ち上がっている。
元彼を知っている、大学時代の友人達も然り。
結婚式終了後、あれから私がウェディングアルバムを開いたことは一度もない。
旦那にも言えない。唯一事情を知る大学時代の友人達と共に、墓の仲間で持っていく。

89 :愛と死の名無しさん:2007/05/23(水) 22:24:00
何という不幸。
隕石が頭に落ちてくるようなもんだな。

91愛と死の名無しさん:2007/05/23(水) 22:31:53
>>88です。もう少し語らせてくれ。
綺麗に別れたカップルだったら、ここまでイヤな思いをしなくても済んだのかも知れない。
しかし、私の場合、私が>>88の内定を蹴る話を奴から聞いた時、
「先方に内定を断りに出向いて、事情説明してる時、人事部長さんの前でオレ、泣いちゃったんだ」
「『こんな時は泣くもんじゃない。これから先、頑張りなさい』って、励まされたんだ」
「だから、オレ頑張る。」
ナルナルに酔いまくって、武勇伝のごとくこんなことを私にのたまった。
バカか。先輩の顔をつぶし、相手先の都合を省みない行為をやっているのに、
「相手に誠意を尽くして謝罪しているオレ」にどっぷり浸かって泣いたのか。
まるで悲劇のヒーローになりきっている奴に一気にさめ、別れ話を持ち出したのだが、
奴にとっては晴天の霹靂。
当時、私達は中距離恋愛(車で1時間30分くらい)をやっていた。
奴は納得しておらず、ごね続けたのだが、距離の暴力と言うべきか、
そうそう簡単に会える距離ではなかったので、私は相手に「別れる」と告げたことで、
別れた気になっていた。さめた気持ちは元に戻ることもなく、加速度的に勢いを増したので、
いわば「捨てた物」に時間を割くなど無駄だと思っていた。
そんなある晩。携帯がまだ普及し始める前の時代、
深夜0:00過ぎに我が家(実家暮らし)の家電が鳴った。
「今、お前の家の前まで来てる。」
えぇぇぇぇぇぇぇぇ!
妹に、カーテンをちょびっと開けて確認して貰った。
いたよ、奴の車。しかし、誰が出てくかっての。
とりあえず、電話線は引っこ抜いた。
小心者だったので、奴が私の家族に危害を加える可能性はまずなかった。
両親は既に就寝していて、電話の音で目が覚めなかったのが不幸中の幸い。
…が。翌日の朝、まだいた。
ドウスンダヨコレカラシゴトナノニ…
マンションの一階だったので、仕方なく自分の部屋から脱出して出勤。
さすがに夜帰宅したらいなくなってたけど。
それ以来の再会だったわけです。
はぁー、語り出したらキリがないのでこれくらいで。
文章にすることで、スッキリしました。

93 :愛と死の名無しさん:2007/05/23(水) 22:35:04
>>91
すごいねw


関連記事



コメント:82 |  2010.04.21 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事