ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 43 *****
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1196727959/

979 :愛と死の名無しさん:2007/12/25(火) 15:28:09
ごくごく普通の結婚式だった。
とある親戚筋(新郎側)のスピーチまでは。

そのスピーチも途中まではありふれたもの。
問題の言葉も特に劇的なものではなく
さりげなく口から発せられた、という感じ。
「なぁに、少々の借金なんか二人で返していけば云々」
というような言い方だったと思う。

とたんに新婦、両家ご両親の席を中心にざわつき、
それは問題のスピーチの間中続いていた。

スピーチが終わっても一向に次に進む様子はなく
新郎新婦、両家両親、司会者が片隅に集まって
なにやら話していた。
暫くして何とか進めることになったようだけど
もう式の中心人物達は心ここにあらず、と言った感じで
司会者のフォローぶりだけが虚しく寒かったことを覚えている。

人づてに聞いたところ、新郎側が新婦側に借金をしている事を
内緒にしていたらしく新婦側が怒って破談を訴えているそうだ。

980 :愛と死の名無しさん:2007/12/25(火) 15:28:52
借金はなあ・・・・・隠してたらまずいだろ・・・・


関連記事



コメント:12 |  2010.08.07 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 43 *****
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1196727959/

971 :愛と死の名無しさん:2007/12/25(火) 03:16:33
ドレスで思い出した。
二人の意志で入籍だけ・・にしたはずが披露宴をしたかった新婦。
でも豪華な披露宴をするお金は無く、友達に泣きついてプチ結婚式
をしてもらう事になった。
一人が会場探し、一人が招待状作り、一人がBGM集め、一人が進行表
作成などなど、新婦友人が手伝って何とか当日に。
会場が貸出てくれたドレスを着てニッコリの新婦。
私の座っているテーブルは式を手伝った人達と同席だったのですが、違う
席の新婦友人が式に対する文句を言ってきました。
どうやらすべてを友人数人にやらせて、他の人には手伝ってくれている
人の文句を言っていたらしいです。
「一生に一度の事なのに変なドレスにされた。私の要望を聞いてくれない。」
場所は都内、会費は5千円で、飲み放題にして、あとドレス着たい。
でも私お金無い。
という無理な要望を聞いてドレスを貸し出してくれる会場を探したり
自腹で何箇所も下見に行った方は怒りで顔が真っ青。
「BGMが変。」 自腹で音源探しの友人真っ青。
「招待状を安っぽいのにされた」 自腹で招待状作成した友人真っ青。
どうやら手伝ってくれている人の愚痴を言って、同情した人に違う事
を手伝わせ・・という事を繰り返していた様子。
話を聞いて、文句を言って来た人は謝っていましたが、それから新婦友人
席はしら~っとしたムードで拍手もまばら。
終わってから新婦は「みんな冷たい!ひどい!」と泣いていました。
温かい結婚式を不幸な結婚式にしたのは自分じゃないか・・。

975 :愛と死の名無しさん:2007/12/25(火) 10:01:58
971の新婦は、これを機会に友人大勢に去られそうだね。

976 :愛と死の名無しさん:2007/12/25(火) 14:18:33
971読んでて思うことは、文句言ってきた人って何様?ってことだな。
なんでも首突っ込んでは説教したがるお節介な奴なんだろうな。
まあそいつのおかげで新婦の悪意がわかったわけだけど。

話を聞いて謝るってことは、実際何もかもしょぼいパーティーだったのか?

977 :愛と死の名無しさん:2007/12/25(火) 14:44:17
顔が真っ赤じゃなくて真っ青になったのか

978 :愛と死の名無しさん:2007/12/25(火) 15:25:50
怒りを通り越したんじゃない?


関連記事



コメント:26 |  2010.08.07 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 43 *****
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1196727959/

924愛と死の名無しさん:2007/12/24(月) 15:29:29
1年前に入籍して結婚生活を送っていた友人夫婦の結婚式。
友人夫婦は本当は式をする予定だったけど、新郎の父親が事業に失敗して
借金を抱えたため結婚資金を貸し、結果式はなしになった。
新しい家具なども買えず、質素な生活をしていたけど、年取ってからでも
結婚式はできるし、と幸せそうだった。
いい奴らだったので、友人一同で計画して、公民館を借りドレスなども古着屋で
激安のを買って女たちで染めたり縫い直したりして作り、チープだけど
一応結婚式らしいものができるよう準備した。
恩師や新郎新婦の両親にもこっそり連絡をとり、新郎新婦に式をサプライズプレゼント。
二人ともすごく喜んでくれた…が…。

925 :924:2007/12/24(月) 15:30:35
酒がまわった新婦の父親が、新郎の父親に向かって「お前のせいでうちの娘が
こんなチンケな式でがまんするハメになった」新郎に向かって「結婚資金を親のために
使いやがって、お前は娘より親をとったんだ、不幸にするなら娘をかえせ」
と怒鳴りつけはじめた。
これに新郎母が激怒。「確かにうちがお金を借りたのは悪かったけど、そっちだって
独身のときの○ちゃん(新婦)のお給料を八割がた取り上げてたそうじゃないですか。
結婚資金はうちの息子が一人で貯めたものです。息子のお金を息子がどうしようが
おたくにどうこう言われる筋合いはない!」と言い出し口論に。
自分が悪いんですと頭を下げる新郎父に新婦父が酒をぶっかけ、新郎母が新婦父に
掴みかかり、新婦母が新郎父に謝るも、新婦父に突き飛ばされた新郎母とぶつかり
二人して転んで料理の上に倒れて、テーブルの脚が折れ、床が汚れ、
公民館とテーブルを借りた主催者が悲鳴をあげ…
恩師が間に入って両親達をひきはがし強制送還したあと、新郎新婦が半泣きで
謝りながら掃除しようとしたので止めて、とってあった市内のホテルに連れて行き
残りの人間で大掃除した。
みんな不幸だった。

932 :愛と死の名無しさん:2007/12/24(月) 15:51:20
そこまで言うなら新婦の両親が金を貸して結婚式すればよかったのに

926 :愛と死の名無しさん:2007/12/24(月) 15:32:10
一番不幸なのは素敵な友達たちだよね・・・

927 :愛と死の名無しさん:2007/12/24(月) 15:35:05
結婚式って「これから二人でやって行きますよー」と皆にお披露目するモノでもあるから
他人にお膳立てしてもらって挙げるのも変な話だな

931 :愛と死の名無しさん:2007/12/24(月) 15:44:58
>>924
数年したら新郎新婦も資力を持ち直して、自分達の力でそれなりの式を挙げられたかもしれないのに
余計なお節介が不幸を招いたな

933 :愛と死の名無しさん:2007/12/24(月) 15:52:44
>>931
自分たちでそれなりの式を挙げたとしても、同じような惨事がおこったかもしれないよ、
それよりこんな企画してあげる友人達がいてうらやましい。

934 :愛と死の名無しさん:2007/12/24(月) 15:58:29
新郎新婦の立場なら、自分たちでいくらお金をかけた結婚式より
気持ちの面では素晴らしい結婚式だったはずだよな。

滞りなく式が終わってればな・・・

930 :愛と死の名無しさん:2007/12/24(月) 15:42:43
その後どうなったんだろう。

新婦は父親と絶縁したりしてないんだろうか。

938 :924:2007/12/24(月) 16:10:03
余計なことしちゃったな、ってのが後日のみんなの感想だったよ。
新郎新婦にも謝ったけど「とんでもない、すごく嬉しかったよ」と言われて
泣けたよ。
新婦の父が悲しむとは全然予想もしなかった。ドレスは会心の出来だったし
確かにしょぼい公民館で親戚も呼べなかったけど、それでも娘の晴れ姿を
見られるんだから喜んでもらえると思ってた。

あとで新郎に聞いたけど、新婦がほとんど給料を親に取り上げられていたのは
新婦の父がオーディオかなんかのマニアで、自分の給料はそっちに金をつぎ込んで
娘の金を家族全員の生活費にあててたかららしい。
結婚自体、娘の金が入らなくなるから反対だったそうだし。
事業に失敗した新郎父のほうがまだましだよ。

939 :愛と死の名無しさん:2007/12/24(月) 16:16:53
そんなDQN親、呼ばなかったら良かったね。
これも結果論にすぎないが・・・
新郎新婦はいい人たちそうだから幸せになれるといいね。

942 :愛と死の名無しさん:2007/12/24(月) 16:26:09
> あとで新郎に聞いたけど、新婦がほとんど給料を親に取り上げられていたのは
> 新婦の父がオーディオかなんかのマニアで、自分の給料はそっちに金をつぎ込んで
> 娘の金を家族全員の生活費にあててたかららしい。
> 結婚自体、娘の金が入らなくなるから反対だったそうだし。

こんな親じゃ当初の予定通り結婚式を挙げていたとしても
披露宴で酔って同じ事してたような気がする。
>>924たちのせいじゃないよ。


関連記事



コメント:77 |  2010.08.07 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事