ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 63 *****
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1231916856/

282愛と死の名無しさん:2009/01/16(金) 21:10:43
自分の式でプチ不幸だったこと。

ワキゲがのびて、脇の下がゴマ塩状態になっていた。
数枚のスナップに写っていたのでわかった。
カメラマンさん、下から撮ってくれるなやw

以下、「私の時はね…」 「脱毛、ソ○エすればよかったのに」 レス禁止w
(肌弱いのよ)

283 :愛と死の名無しさん:2009/01/16(金) 21:13:08
>>282
プチじゃなくてかなり不幸じゃないか。
下から撮られなければ知らずにすんだものを…

284
愛と死の名無しさん:2009/01/16(金) 21:23:44
>>283
スナップ(アルバム仕立てw)見たときはガビーンてなったけど、
マジックで、上からワキゲボーボー書いたから大丈夫だよ!
2枚くらいだったし。

285 :愛と死の名無しさん:2009/01/16(金) 21:25:19
惚れた!!

286 :愛と死の名無しさん:2009/01/16(金) 21:49:13
さんきゅ!


関連記事



コメント:11 |  2011.02.03 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 63 *****
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1231916856/

274愛と死の名無しさん:2009/01/16(金) 19:27:46
私のプチ不幸な披露宴
お色直しのエスコートを、子供がいなくて、私をかわいがってくれた
母方の叔父をサプライズで指名したんだけど
母に知らせたら泣きそうだったので内緒にしていた。

そしたら、お色直しの直前に母はホテルのスタッフに「もうすぐ、花嫁からの手紙のお時間になりますので、お早めにお手洗いを済ませて下さい」と言われ
トイレに行ってたらしい。
DVDが出来上がったのを観て、初めてサプライズの出来事を知ったらしい。

ちなみに花嫁の手紙の1時間以上前の出来事なので、スタッフの勇み足。

進行表にも母方の叔父と、わざわざ書いたのに‥ショボーン

275 :愛と死の名無しさん:2009/01/16(金) 19:47:13
意味が良くわからない・・・
腹減ってるからだろうか・・・

276 :愛と死の名無しさん:2009/01/16(金) 19:50:04
新婦が母親が驚くサプライズを準備。
母親トイレ中にサプライズ。
トイレ誘導したスタッフ、気づけよ。

277 :愛と死の名無しさん:2009/01/16(金) 19:55:33
サプライズが何なのかがようわからん。

お色直しのエスコートが母方の叔父=サプライズ?
エスコートを母に黙っていたこと=サプライズ?

どちらとも受け取れるし

279 :愛と死の名無しさん:2009/01/16(金) 20:15:48
>>274
母が泣きそうだから、というのをエスコート役を取られた悔しさで、とスタッフは思い込んで
トラブルを起こさないように時間を見計らって母親を連れ出したんだと思う。
その式場ではドリーム炸裂の母親が披露宴を引っ掻き回すケースが多かったんじゃ?

294 愛と死の名無しさん:2009/01/16(金) 22:39:32
274です。

誤解を招くような書き方で失礼しました。

母と叔父は仲が良いので、叔父をエスコート役にしたら泣いて喜ぶと思ったのです。

叔父と母の両方にサプライズのつもりだったんです。
出席した叔母達は、何故かハイテンションで「一度もトイレに行く間も無く、あっという間に、おひらきになってしまったわ~」って話していたので、スタッフに促されなかったら、母もトイレに行かなくても良かったんじゃないかと思うと悔しくて‥

295 :愛と死の名無しさん:2009/01/16(金) 22:46:39
>>294
実の親のトイレのタイミングとかそんなこと考えて悔しがること自体キモイ。
もう少し自立できないのかな。

ていうか母方の叔父って、母の実の弟でしょ?
なぜ泣いて喜ぶと思うのか、その発想もよくわからない。



関連記事



コメント:53 |  2011.02.03 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 63 *****
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1231916856/

232 :愛と死の名無しさん:2009/01/16(金) 13:35:26
去年出席した披露宴でのこと。
新郎新婦がお色直しのため席をはずしていたとき
後ろの方からふらりと入ってきた女性が、そのまますーっと高砂に行って
新婦の椅子に座った。
真っ白のロングドレスを着た、かなり美人。
招待客、あまりの自然さに一瞬呆然。
ワンテンポ遅れて「あれ?あんな招待客いたか?」とざわざわ。
式場スタッフが、あわてて「そちらは花嫁様のお席ですので」と排除にかかったけど
女性は動こうとしない。
泣きわめくとかそういうんじゃなくて、ただじっと座って、
会場内を見据えてる女性。
まさか新郎元カノか?とか、新郎が二股かけてたなんてことは?とか
変な憶測を呼ぶ状態。
しばらくして、事態を知らされたらしく、新郎が一人で戻ってきた。
新郎が女性を見て「どちら様ですか?」と問いかけると
女性はきょとんと首をかしげ、
「・・・誰?」
そして、しばらくボケッとしたあと
何事もなかったかのように、入ってきたとき同様、すーっと出て行った。

別の披露宴に乱入するつもりだったんだろうか。
式場を間違えたか、時間を間違えたか?
軽くホラーだった。



関連記事



コメント:24 |  2011.02.03 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事