ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 68 *****
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1237964206/

972 :愛と死の名無しさん:2009/04/08(水) 17:41:47
去年の夏結婚退職する予定の人の後釜で入社
引き継ぎで1月くらいの付き合いながらも
結婚式にお呼ばれしたんだけど

その人(花嫁)の母親が結婚に反対だったので披露宴は
かなり嫌な雰囲気でいたたまれなかった
旦那さんになる人が高校中退だったのが
相当気に食わなかったらしく
先に結婚した妹の旦那と常に比較して
披露宴の間ずっと陰口言ってるのが聞こえて嫌だった
「妹は旦那の給料で新婚旅行行けたのに、姉の方は貯金もないから
 新婚旅行にも行けない」とか
「妹の旦那は大卒で出世できるけど、姉の方は一生平社員で
 苦労するとか」そんな調子

途中で式場の人に花嫁の母親は具合が悪いので退席しますと
連れ出されたけど
結婚する当人達も母親以外の家族もそして私達同僚も辛かった
でも一番辛そうだったのは花婿の両親だったよ
一生懸命二人のハレの日守ろうとして無理して嫌味に耐えて笑顔だった



関連記事



コメント:37 |  2011.03.17 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 68 *****
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1237964206/

950 :愛と死の名無しさん:2009/04/08(水) 16:34:43
先週末のプチ不幸。

大学時代からの友人M子の挙式~二次会に出席。

挙式→白無垢、披露宴→色内掛けでつつがなく進行したのですが・・・
二次会ではビスチェタイプのマーメイドWDで入場。
M子は格別太っている訳ではなかったのですが、脇や背中のお肉がムチムチとはみ出していて、そのドレスはどうしても無理矢理着てる感が漂っていた。

入場口からゆっくり高砂まで歩いて振り返り、優雅にお辞儀・・・というところで事件発生。
ブチブチブチッ!!と大きな音が聞こえたかと思うと、M子のドレスが胸元からペローンと垂れ下がって下着丸見え状態に。しかもウェディング用のではなく普段使いのベージュの下着だった。

会場の方々が慌てて白い大きな布でM子を包んで退場。
30分後くらいにAラインのWDで再入場したのですが、新郎友人席で破れたドレスをネタに笑っているのが聞こえてしまいM子は泣きながら途中退場、新郎も後を追って退場したまま最後まで戻ってこなかった。


普段から「自分には色気がない」と気にしていたのでWDはどうしても色っぽいマーメイドにしたいというのは前から聞いてはいたけれど、サイズが合うものは無かったんだろうか・・・?と、不思議でなりません。

953 :愛と死の名無しさん:2009/04/08(水) 16:39:54
>950
サイズは合ってたけど、式までにちょっと太ったとか?
式までに痩せたり太ったりすることも多いらしいし。
しかし胸がべろーんとめくれちゃうようなデザインは避けた方がよかったね。



関連記事



コメント:11 |  2011.03.17 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 68 *****
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1237964206/

929 :1/4:2009/04/08(水) 14:42:36
3年前の従姉の結婚式が不幸だった。

・従姉は就職したばかりの春に妊娠発覚、秋に挙式
・新郎は同い年の同僚
・挙式はふたりの職場がある大阪で
・親戚一同は同じ土地(Z県)在住(大阪と東京の中間あたり)
・私は首都圏で一人暮らし

わたしは伯父(結婚する従姉の父親)がとにかく嫌いだった。
自分の母親(私のおばあちゃん)にすぐ手を上げるし
気に入らないことがあると大きな声でおどすから、
お正月やお盆は伯父がいないときを狙っておばあちゃんちへ行っていた。
そんな理由で従姉とは小学生の時に会ったきりだったから、
結婚すると聞いたときも「ふーん、そう」という感じだった。
が、式の一ヶ月前に突然「私子ちゃんも来い!」と伯父が私の実家に凸電。
聞くと、あっちの親戚よりも数が少ないとハクがつかないからというイミフな理由。
めんどくさいから一度断るも、どうしてもと言われしぶしぶ承諾。
当日は東京から新幹線で大阪へ向かいその日のうちに帰ってこようと思っていた矢先、
「親戚全員で乗れるバスを用意したから前日までにZ県に帰ってこい」との達しが。
挙式は土曜日で、前日は仕事だから実家に帰る時間はない、無理だ、と伝えると
「俺の好意を無駄にする気かぁ!」と激怒(どうしてもと言ったのはお前だろうが)。
そんな伯父を軽く無視して当日はしれっと新幹線で大阪入り。

930 :2/4:2009/04/08(水) 14:43:25
当日、ひとりで会場に向かうとそこには古ぼけた雑居ビルのような建物が。。。
まさかここ??と思いつつ近づくと、入り口には伯父の姿。
「私子!遅いぞ!!」とさけびながらこっちに向かってくる。
入り口付近に集まっていた相手側親戚に「親戚の私子です」と紹介されるも
そこでの微妙な空気に「こいつすでになんかやらかしたな」と察した私。
先にバスで会場入りしていた母親に聞くと、
会場に着いてすぐに「お前なにやっとんじゃあ!」とさけび
おばあちゃんを飛び蹴りしたらしい(原因は不明)。
私の父親(伯父の弟)たちが「兄貴、やめろよ」と止めるも
「俺の結婚式じゃ!お前らは口を出すな!」と言ったそうな。
そんな状況を目の当たりにしたあっちの親戚一同はどんびき。

と、ここまでが私が会場に到着するまでの出来事。
見るとおばあちゃんは部屋のすみっこで小さく小さくなっていて、
私まで泣きそうになってしまった。

931 :3/4:2009/04/08(水) 14:44:13
そうこうするうちに式が始まってつつがなく終了し、親戚一同(といっても出席者は
ほぼ親戚しかいなかったのだが)での写真撮影に。
会場の担当者が「ではおばあちゃん、前のお席にどうぞ」と手をとり
最前列へとうながした瞬間、伯父が「ばばあは前に出てこんでいい!
妹子(従妹の妹)が前なんじゃ!」と一喝。またもや凍りつく相手側親戚。
どうしていいかわからない表情の新郎の横で
ニコニコして「ドレスずれてない?」とか言ってる従妹新婦を見て、
やっぱりこいつもおかしいと確信。

そして披露宴会場へ移ったのだが、まずびっくりしたのは会場のせまさ。
貸会議室ほどの大きさしかなく、天井もめちゃめちゃ低い。
そしてさらに、席に着く前からすでに焼き魚やら
おかずやらがテーブルの上に並べられていた。
(法事で出てくる仕出し弁当みたいなイメージ)
披露宴が始まり「新郎新婦入場です!」となったものの、
テーブルとテーブルの間があまりにせまく
新郎新婦がカラダをななめにしながら歩くという有様に、出席者失笑。

その後なにやらいろいろあり、新郎新婦がお色直しのため退場。
戻ってきた新婦は昭和中期のようなシャカシャカした素材の黄色のドレスをまとっていた。
その時点でもう失笑すぎるほど失笑なのだが、
入場の演出がなんと「バルーンサービス」。
低い天井なのに大きな風船があるなーとは思っていたのだけど、
それをふたりで持った針で割りながら入場し
大きな風船から小さな風船が何十個と出てくるというシロモノだった。
飛び出した小さな風船は低い天井にぶつかり
そのほとんどが食べかけの料理の上に。。。
司会者が「幸せがいっぱい詰まった風船ですよー!
みなさん、遠慮せずお持ちかえりくださいねー!」と言うも誰も拾おうとせず。
みなそれぞれに料理の上の風船をそっと床に落として終了。

932 :4/4:2009/04/08(水) 14:45:07
式も終盤に近づいたころ、酔っ払ったこっち側の親戚が
「おい、聞いとった式とぜんぜん違うじゃねえか。
なにか一千万円の式じゃ!こんな安くさい式、うちの田舎でも挙げへんわ」と言い出した。
聞くと、伯父は親戚一同に「すごく金をかけて式をするから祝儀をたくさん出せ」
と言ってまわっていたそうだ。
それを聞いてファビョった伯父、おばあちゃんに
「お前が悪い!ババア、あやまれ!」と言い出した。
そこでこっち側の親戚陣が「何を言っとるんだ、お前は!」と伯父にマジ切れ。
もうこのままグダグダで終わるかな、という空気になるも
新婦に耳打ちされた司会者が「・・・それではここで、花嫁のお手紙です」と強行進行。
そうして新婦、「お父さん、お母さん、これまでありがとう。。。」と手紙を朗読。
なんていうか、もう、ギャグだった。
相手の両親は目が死んでいた。

後日談だけど、新郎はかなりの名家で出世街道まっしぐらなんだそうだ。
それを知った従妹が出来婚という強硬手段に打って出たらしく
新郎一家ははじめから猛反対。
しかしそれを聞いた伯父は「人の娘をはらませといてその言い草はなんじゃあ!
誠意を見せろ!」と、結納金とは別に金をせびっていたらしい。


次の年の自分の結婚式には伯父は呼ばず
お色直しのときはおばあちゃんの手を引いて退場した。

933 :愛と死の名無しさん:2009/04/08(水) 14:51:38
>>932
ばあちゃん…(´;ω;`)ブワッ

934 :愛と死の名無しさん:2009/04/08(水) 14:54:01
お疲れ・・・ウゥゥばぁちゃん・・・

936 :愛と死の名無しさん:2009/04/08(水) 14:59:08
おばあちゃんはクソ伯父と暮らしてるんじゃあるまいな…?

こういう風にデキ婚に持ち込んでもうまくいかないことが多いらしいけどね。

937 :愛と死の名無しさん:2009/04/08(水) 15:02:35
>>929の優しさに感涙。おばあちゃんも嬉しかったと思うよ。
ところどころに出る方言に同郷の方とエスパーw

938 :愛と死の名無しさん:2009/04/08(水) 15:06:47
自分、父方と母方の祖母が大好きだっただけに
>>929の叔父に非常にムカついた。

935 :愛と死の名無しさん:2009/04/08(水) 14:55:25
>932
ばあちゃん可哀相だよばあちゃん・・

で、差支えなければバカ伯父と新婦のその後を軽くkwsk

965 :929:2009/04/08(水) 17:16:44
>>929です。
ありがとうございます。
ここで吐き出せてすっきりしました。

スレチですが伯父のエピソードをもうひとつ。
おじいちゃんが亡くなったとき、うちの家族が看取って
お葬式の準備もおばあちゃんと私の父親&母親で手配していたのに
前日にやってきてお酒を飲んで騒いであばれたあげく
「葬式に来たのはおれの知り合いばっかりだから香典はぜんぶ俺のもんじゃ!」
と言ってすべて持っていってしまったあげく、
おじいちゃんの通帳もすべて持っていってしまいました。
その後、テレビを買っただの旅行に行っただのと自慢してきた、
というできごとがありました。
まあ、もう10年くらい前の話ですが・・・


>>935
その後…あまりおもしろいのはないんですけど、
とにかく非常識な親類で、我が家は前々からどうにかCOしたいと思っていたので
今はあまり関わりがありません。むしろ良いきっかけになったという感じです。
気分を害される方がいればすみませんなんですが、
従妹の子は障害を持って産まれたそうです。

951 :愛と死の名無しさん:2009/04/08(水) 16:36:20
子供作った責任があるとはいえ
新郎側親族が気の毒だ…

954 :愛と死の名無しさん:2009/04/08(水) 16:46:16
新郎も馬鹿。
結婚したって事は、新婦の狂言じゃなく身に覚えがあるって事でしょ。
本当の種はどうか知らないけどさ、肉体関係持ったのは間違いなしでしょ。
出世街道まっしぐらの両家の
お坊っちゃんだろうが、いやお坊っちゃんだからこそ
無責任なセックスは慎むべきだったのに。
その辺の先読みが出来ない人が、本当に出世できるかはなはだ疑問。

966 :929:2009/04/08(水) 17:19:21
>>936
私が幼少の頃は一緒に住んでいた時期もありましたが
伯父の奥さんとウマが合わなかったとかで今では別々に住んでいます。
もともとは奥さんがおばあちゃんのことを嫌いだったんですよね。
それが伯父に伝染したという感じで。

>>951
同意です。
ですがやっぱり最後は「まあ、ヤっちゃったからねえ(苦笑)」
って感じです(苦笑)

>>954
ほんとにおっしゃるとおり、世間知らずのおぼっちゃんなんだと思います。
たぶん、女性経験もそんなにないのかなーとゲスパー。
あちらの親戚はみんな育ちが良さそうな方ばかりで
よけいに伯父との違いがくっきり出ててハタから見る分にはおもしろかったですw

967 :愛と死の名無しさん:2009/04/08(水) 17:19:43
>>965
ばあちゃんを大切にしてやってな。

でもその糞伯父を育てたのがばあちゃんなんだよな…


関連記事



コメント:37 |  2011.03.17 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事