ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 76 *****
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1254715587/

95愛と死の名無しさん:2009/10/07(水) 16:34:53
ネタが終わったからネタみたいな実話。

高校の同級生が結婚するというので招待状が届いた。
でもこの同級生とはクラスも違ったし交流もロクになかったし、なんで今更?という感じ。
何人か同級生に聞いてみたら一様にみんなに届いてるらしい。
場所は、都内の高級ホテル。
しかし行く義理はないしなー…と思いつつ、招待状を送ってきた同級生に電話。
ご祝儀いらないし、同窓会感覚でみんなで来てよ。私、友達少ないからお願い♪と言われてしまった。
とりあえず電話切って同級生何人かと相談して行くだけ行くか、となった。
高校時代からピザでドスロリだった彼女の結婚相手を見てみたいという出歯亀根性があったのは否定しません。
ごめんなさい。

当日、それなりにみんな着飾り集合。
まさに同窓会という感じに同級生が20人近く集まった。
新婦側の親戚15人くらいと一緒にホテルのロビーで待機していたのだが、一向に人が増える気配がない。
そう、新郎側の列席者が誰も来てない。
もしかして新郎側に結婚反対されてて、誰も列席してくれないとか?と小さくみんなで話してみるも明らかに多すぎるだろう引き出物の袋とかが披露宴会場の入り口に用意されてる。
披露宴のテーブルも多すぎる。

もしかして…

しばらくしたら、ホテルの人たちが慌ただしく動き出した。
新婦の両親もオタオタしてる。
この時点で式の開始時刻は過ぎてて、でも誰ひとりとして新郎側の列席者は現れない。
突然、花嫁控え室から新婦が飛び出してきた。
相変わらずピザだった。
一同ポカーン。
新婦は成り行きが分からずポカーンな列席者が集まるホールでうずくまって号泣。
しきりに新郎の名前を呼んでる。
大体、このあたりで列席者も事の成り行きを察し出す。
白い塊になった新婦を助け起こしマスカラが溶けて流れて大変になった顔を御両親が必死に拭いてあげてるのが切なかった。
結局、その日は御両親が頭を下げて回ってそのまま解散。

98 :95:2009/10/07(水) 16:49:17
後日にお詫びの品を持って御両親が来られた。

事の真相は以下の通り。

>新婦は引きこもりニートで、ある日出会い系SNSで【運命的な】出会いを果たす。
>【自称】青年実業家の男性はピザニートしかもドスロリの新婦をメロメロにして、結婚の約束を取り付けた。
この間、約1ヶ月。
>新婦と新郎(になるはずだった)は、新婦の親が用意したマンションで同棲生活を送る。
>男はちょくちょく新婦からお金を借りるようになった。
>いい加減親がキレて(新婦ニートだからお金は親から借りてたらしい)文句を言ったら、結婚式して籍を入れると言ってきた。
>新婦ルンルン。早速式場を決めてドレス選び。お金はもちろん親持ち。
この間、男は仕事が忙しくなり準備は新婦ひとりでやることに。
>男の両親へのご挨拶は、あちらの都合で実現せず。
式には来るからと押し切られたらしい。
>友達が居ないピザニートだった新婦は見栄を張りたくて同級生に無差別に招待状を送りつけた。
>式当日、新郎になるはずだった男は来ず携帯は解約されマンションは蛻の空。
教えられてた会社には男はおらず、実家の住所も嘘。

完全な結婚詐欺だった。

新婦はショックで引きこもりに逆戻り。
両親は、高い勉強料でしたと帰っていきました。

まぁ…ピザニートの娘を許してる親御さんが甘いよなーっていう感想。

ちなみに男は、これから大分経ってからオレオレ詐欺で捕まったそうです。

もう10年近く前の話。

99 :愛と死の名無しさん:2009/10/07(水) 16:55:11
被害者は被害者になるべくして被害者になった

という手本みたいな話だな。
可哀想だが同情出来ん。

100 :愛と死の名無しさん:2009/10/07(水) 17:02:19
>>99
同意。

101 :愛と死の名無しさん:2009/10/07(水) 17:10:43
でもかわいそうだ…

なぜ引用?



関連記事



コメント:36 |  2011.06.12 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 76 *****
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1254715587/

94 :愛と死の名無しさん:2009/10/07(水) 16:09:19
じゃあ、食品会社つながりでちょっとだけ不幸だった式について。

大学卒業後、就職先が見つからず仕方なく派遣で某昆布の製造工場に勤めていたことがあった。
そこで30代半ばの女性に妙に好かれて、3ヶ月のバイトだったにも関わらず、翌月の式に招待された。

披露宴に招待されたのは新婦と同じレーンで同じ組で働いた
私、同じ派遣元の年下のちょっとバカな女の子、先輩の三人だった。
席順はバカ子・私・先輩という順番。

歓談の時間になり、突然バカ子ちゃんが先輩に
「センパァイ。私ね以前から疑問に思ってたことがあるんですけどぉ~
うちの会社で例の小部屋でさせられてることって、食品衛生法とかなんかよくわかんないけど
そういう法律に違反するんじゃないんですかぁ~?」と声をかけた
結構大きな声だったので皆がぎょっとして振り返った。

先輩も焦って「え?何言ってるのwそんなわけないじゃんw」と答えたけど
バカ子は「でもぉ~。あの小部屋に積んであるA社の昆布全部ケースにあけてぇ
それをうちの会社の袋に詰めて出荷してるんですよねぇ?
製造日はうちがパッケージした日になってるけど、実際はA社がつくった日じゃないとダメなんじゃないんですか~?
ギソーコーサクって奴じゃないんですかぁ?
私、毎日あれやらされてるけど、そのうちもしかして、ケーサツにつかまっちゃいますぅ~?」
先輩「ちょwwww何言ってんのwwwそんなことしてないでしょwww」(実はしてます)
バカ子「ええええ?やっぱりヤバいことやらされてるんですか?どーしよ?捕まったら。えーん」

一応、そこそこ名前の通った昆布屋さんだし、これ以上はヤバイと判断して
バカ子を引っ張り出し「こういう場でする話じゃない」と先輩と私で説教。
席に戻る途中、明らかに親族や他の招待客がこっちをチラチラ見てるのが判った…

ちなみに、この昆布屋がやってたことは未だに合法なのか違法なのか判らない。
でも、未だにこの昆布屋が存在するところをみると、違法ではない…と思う。

ただ、この日の引出物にその昆布屋の昆布が入ってたけど、みんな食べてくれたかなぁ…



関連記事



コメント:43 |  2011.06.12 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 76 *****
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1254715587/

56 :愛と死の名無しさん:2009/10/06(火) 23:22:27
昨年、空港があることで有名な某地方都市のホテルでの挙式・披露宴。
新郎新婦は披露宴後、その足で海外へハネムーンに出掛ける算段。

新婦は近県の中堅食品メーカーA社創業者の孫娘。
新郎は、そのメーカーの仕入先企業B社の社長の息子。
政略結婚的側面もあるのか、見合の後4ヶ月でスピード結婚。

ところが、挙式前日にA社の地元で集団食中毒事件が発生。
患者に共通するのは、皆24時間以内にA社の特定の製品を食べていたこと。
翌日(挙式当日)朝、A社工場で保健所の立入検査が行われる。
A社社長=新婦の父は、結婚式を欠席し、A社で陣頭指揮と謝罪に追われる。
新婦は、バージンロードを父と歩くという子供の頃からの夢が叶わず、膨れっ面。

披露宴が始まった時点で、
新婦側来賓のA社幹部社員には緊急出勤命令が下ったため、披露宴をキャンセルして出社。
宴会場の3分の1が空席という状態になった。
それでも新婦は、きちんと披露宴を催してからハネムーンに行きたい
ということで、宴を強行。
しかし表情は怒ってるのか泣いてるのかかなり複雑だった。

・・・続く

77 :56:2009/10/07(水) 09:26:41
>>56からの続き

幹部社員は、新郎新婦のことより、
A社の営業停止 → A社との取引中断 → B社の経営に大打撃
の方が心配でとても祝福ムードではなかった。

その日の午前のうちに、保健所の検査の結果が出て、
集団食中毒は、B社が納めた食材の衛生管理が不十分だったことと、
更に、その食材を使ったA社が製造日を偽装し、鮮度が落ちたものを販売していたこと
二重の原因と判明。
(噂では、検査しなくても、ぱっと見でかなり管理がズサンなことが分る有様だったらしい。)
ここにきて、これまで事件の傍観者・被害者だったB社幹部社員達は、
事件の当事者・加害者になってしまい顔面蒼白。

披露宴の途中で、B社からの緊急連絡が入り、A社同様に
B社社長=新郎父と、B社幹部社員も披露宴をキャンセルし出社することに。
これで宴会場のテーブルの過半数が空席。
新郎側の主賓だけは祝辞を述べれたが、新婦側の主賓は、途中退席により不在。
乾杯の音頭をとる来賓は途中退席により不在。
詳しくは分らないが、余興をする予定だった者も退席。
宴の内容は既にグダグダというかスカスカ。

新郎の「えー、こんなことになりましたが、私達はこんな事には負けません。
皆さんどうぞ楽しんでいってください。」というスピーチが空しく響く。

82 :56=77:2009/10/07(水) 12:23:52
>>56 >>77 からの続き

新郎新婦の要望とあって、ホテル側もやむなく披露宴を続行。

残された新郎新婦友人達も完全にシラケムード。
貴重な休日に、時間と金を掛けてやってきたと思ってるらしく、
災難に遭った新郎新婦よりも、自分達の方が被害者だと思い始めた。

ケーキカットをする段になっても、誰もカメラを持って前に出るようなことをせず、
新郎友人達が「こんな披露宴止めて、別な日にやり直せば?」とか
「食中毒で苦しんでるお客がいるのに、結婚式って、どんな神経してるんだよ」とか
わざと聞こえるような大きな声で話が出てきたところで、新婦が完全にキレた。

新婦は顔を引きつらせ、ウェディングドレスのスカートを捲り上げ
高砂席から独りで退場。
新郎が後を追ったものの控え室に篭ったらしく、二度と披露宴会場には戻ってこなかった。

宴会場スタッフ、唖然とするものの、宴会続行の指示は出ていても
中止の指示が出ていないので、テーブルの上に料理だけが運ばれ続けた。

新郎新婦と主賓の大部分が退席し、がらんとした宴会場。
残された一部の親族や友人達が、黙々とテーブルの上の料理を食べ、
新郎新婦の友人達は、ご祝儀の元を取ろうと、空席になった他人の料理にも手を出しはじめた。

・・・続く 

84 :56=77=82:2009/10/07(水) 14:29:20
翌日、集団食中毒事件発生から2日目。
新郎新婦がハネムーンへ出掛ける日。
新郎の父=B社社長から、新郎へ、「マスコミが煩いから、このタイミングでハネムーンは止せ」
と指示が出たが、新婦の方が頑なに拒否。
「腐った材料よこすB社の男なんか来なくていいっ、
私は一人ででも海外に行ってくるからねっ!」と言ってバリ島ヘ旅立った。

新婦が帰国したときB社は、
保健所の指導による一時営業停止による業績低下や、
A社からの取引解消、その他の取引先からも契約を解消され、
取引停止不渡りを出して事実上の倒産。

新郎側から結婚解消の申入書が届いていたが、
新婦は、自分がフラれるのは許せない、と
新婦側から離婚届を出すという形にして、離婚を成立させた。
A社の信用と業績は暴落したが、ほとぼりが冷めた今も細々と営業している。

成田離婚という言葉があるけれど、空港に行く前から別れてしまっている夫婦もいるのか、
と思いました。

以上、長文すんまそ。



関連記事



コメント:44 |  2011.06.12 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事