ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 93 *****
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1288699299/

882 :愛と死の名無しさん:2010/11/22(月) 18:21:42
義妹の花子(仮名)の結婚式。

花子の友人代表でスピーチした美代子(女性)は高校時代のクラスメートで、
当時からずっと付き合いが続いてる親友、らしかった。
その女性のスピーチ。
「花ちゃん結婚おめでとう。
 ~略~
花ちゃんが今つけているン百万円のティアラ、ン十万円のネックレス、
ン十万円のピアス、本当にキレイですよね。(金額はうろ覚え)
やっぱり質の良い高級品は誰が身につけてもキレイで、どんな人でも似合いますね^^
私の宝物が花ちゃんをキレイにしてくれてとっても嬉しいです^^
云々」

美代子は裕福なお家の令嬢で、花子は学生時代から何かと集っていた。
結婚が決まった花子は美代子に、美代子が結婚式で着用していたアクセサリーを貸すように要請。
断ったが半ば強奪する形で持っていかれた、というのが後日の事情説明会で
花子が白状。
花子と婚約者は入籍がまだだったため、そのまま破談。
今の花子は実家で毎晩酒に酔いつぶれる毎日を送っている。

883 :愛と死の名無しさん:2010/11/22(月) 18:22:32
882

× 花子の友人代表でスピーチした美代子(女性)
◎ 花子の友人代表でスピーチした美代子(仮名)

884 :愛と死の名無しさん:2010/11/22(月) 18:43:47
>>883 
そのフォローだと美代子って本名の様に思えてくるんだけど。まあいいか(笑)。

その件だけで破談ってのは疑わしい。いろいろあったなか、それを最後の切っ掛けにして、だろうな。



関連記事



コメント:35 |  2012.01.11 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 93 *****
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1288699299/

846 :愛と死の名無しさん:2010/11/21(日) 20:37:40
中学時代に仲が良かった新婦Nの不幸な結婚式。

Nの他にAとMの二人も仲が良く、招待客はなるべく抑えたいという新郎新婦の
希望で友人席は私たち3人が招待された。

式当日、いくら待ってもMが来ず、携帯は着拒はしていなくずっとコール音が。
事故かとも犯罪に巻き込まれたのかとも思い、私が式に出席せずにMの自宅まで
様子を見に行くことに。
Mの家に行って母親が出てきたので本人の居場所が掴めない事を言うと、
「出席したくないって言っている。」
との返事が・・・

なんとか無理やり本人に会わせてもらって、理由を聞いて驚いた。

・あんなやつ友達と思ったことはない。
・あいつは仕事も上手くいっている。なのにわたしは・・
・新郎のことが好きだった。

と、泣きながら私にぶちまけた。

式場に戻った私はどう説明していいかわからなかったので
とりあえず新郎に好意を持っている部分を除いて説明したけど・・・
唯一式に出席したA曰く、新婦は始終暗かったそう。

ちなみに新婦とNと私は高校の時同じ飲食店でバイトしており、
新郎はバイト先で調理師だった。
その頃から新郎新婦は交際していたので、あの時からずっと新婦を
恨み続けていたのかもしれない。

847 :愛と死の名無しさん:2010/11/21(日) 20:56:10
>>846
すげー・・・
オカルト的な話になってしまうが、Nは今幸せなのか不安になる。
Mの呪念が強いすぎて何か災いが起きてないといいが・・・
完全に逆恨みだけど。

てか、イヤなら適当に理由つけて欠席しとけよ・・・



関連記事



コメント:31 |  2012.01.11 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 93 *****
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1288699299/

839 :愛と死の名無しさん:2010/11/21(日) 13:54:10
新婦友人で出席した披露宴にて

途中、お色直しで新婦が退席する際に「それではこの方にエスコートしてもらいましょう!」と司会が言ったと同時にライトが当たったのは、新婦親戚の席に座っていた6歳くらいの女の子
ところがどうやらサプライズだったようで、女の子は突然のことに驚き注目を浴びて怯えて泣いてしまった
すると司会が
「あらあら。それでは花嫁さんに呼んでもらいましょう」
と新婦にマイクを向けると、新婦も「連れてって」とか明るく言えばいいのに、よくテレビに出る戦場カメラマンと同じ話し方と低さで
「おいで~」
これに余計に怯え完全に泣き叫び親戚席は隣でお母さんが宥めたり親戚のおじさんがあやしたりで一時パニック。結局新婦母のエスコートで退場して行った
が、女の子はその前までは出席していた知らない人ともおしゃべりしていたのに、そのサプライズ以降は一切口を聞かなくなってしまった

後で二次会で新婦と話して分かったことは、彼女のイメージは
「白いドレスを着た金髪の女の子に手を引かれバージンロードを歩く花嫁」(よく式場のちらしにあるようなもの)
のつもりで、完全サプライズのため女の子のお母さんにも話していなかったらしい
「嬉しくなかったのかなぁ」
と首をひねっていた
それに対して答える言葉を私には思いつかず、ただ一発、新婦の頭をはたくのみだった



関連記事



コメント:78 |  2012.01.11 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事