ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 96 *****
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1295959786/

953 :愛と死の名無しさん:2011/02/17(木) 10:07:36
一昨年の従弟の結婚式

式当日、お父上運転でご両親+新婦+兄弟を乗せた箱バンが事故
車は横転+転落
幸い死者こそ出なかったものの
花嫁さんは両足骨折+肋骨骨折の大けが
花嫁お父さんは鎖骨と骨盤骨折
お母さんは顔面骨折
式場で花嫁の到着を待っていた花婿=従弟は
知らせを聞いて大慌て
制止を振り切り控え室から飛び出し、階段ですっころんで鼻の骨を骨折で鼻血ブー
おまけに指の骨まで骨折+脳しんとうで救急車
当然ながら式は中止で来賓やら花嫁花婿の友人同僚が病院に駆けつける騒ぎに

俺は当日は、ゴタゴタを片づける係で病院には行けなかったけれど
一週間後に病院に行くと、別々の病室で
「仲良く入院て最高www」などと宣う二人の姿がwww

後日(半年後)身内だけで式をやりなおし
今は子供も出来てラブラブな二人だが
出産が入院期間より数えて10ヶ月後ってどうなのよwwwと
大勢にからかわれている。



関連記事



コメント:42 |  2012.02.15 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 96 *****
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1295959786/

936 :愛と死の名無しさん:2011/02/16(水) 21:09:24
自分は新郎の大学時代のサークル仲間で、複数人数での余興を頼まれた。
新郎は古いがドラマのロンバケ時代の竹野内豊に似たドのつくイケメンで、
そんなヤツがデレデレになる彼女、会いたいが写真さえ見せてくれない。
理由は美人すぎて、俺らが夢中になると困るから…などというもんだから
新婦を持ち上げられるだけ持ち上げた替え歌を作り、
歌詞の最後にある「KIssして」で、二人をキスさせよう!と企んでいた。

そして当日。
ちょっと遅れて(事故渋滞に捕まったorz)会場に入った俺らの目に映った新婦は
・・・芸人の野性爆弾のくーちゃんのドレス姿だった。
余興が次々進む中、歌詞をどうするかでもめる俺ら。
だって、歌詞の中で「世紀の美貌探索中」とか
「まぶしくって」「美しくって」とか入れてたわけよ。
そのままでいいじゃん、とは思うんだが、イヤミにならないだろうかとも思うしさ。
で、多少手直しして(あまりにも美人と持ち上げる表現だけを緩めた感じ)
余興は無事終了。
最後のお見送りで近距離で見た新婦さんは、笑顔美人…ではないが
愛嬌のある人で、「3日見れば慣れるっていうより、3日見れば惚れる
ってタイプの女性かも知れんな」と仲間と笑い合って帰った。

だが、俺らの余興は宴のかなりラストの方で、
自分らの順番が回ってくるまで打ち合わせしてたために
料理にほとんど手を付けられなかった俺らが不幸…
終わってからあんなに腹減った披露宴は初めてだったわww

937 :愛と死の名無しさん:2011/02/16(水) 21:16:44
どこにも不幸が見当たらない。
「備えあれば憂いなし」だよねーって話?くらいか。

938 :愛と死の名無しさん:2011/02/16(水) 21:17:20
くーちゃんのドレスw
悪いがワロタ

939 :愛と死の名無しさん:2011/02/16(水) 21:20:58
性格がめちゃくちゃいいんだろうな、新婦さん。
竹野内豊に惚れ抜かれてるのか・・・うらやまww



関連記事



コメント:38 |  2012.02.15 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 96 *****
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1295959786/

911
愛と死の名無しさん:2011/02/15(火) 23:59:26
初投下。

兄の奥さんの弟さんの結婚式の話。
もちろん私は招待されていませんので
出席した兄から聞いたのですが
新郎新婦ともに、規模は大きくないが結婚式も行うホテル勤め。
当然そこで全て行うのかと思っていたら
何故か式だけは県内の由緒正しき有名神社。
そのパターンは珍しいんだけど、まあ個人の自由で済む話‥なのは、時期によりました。

結婚式が行われたのは、秋。
そしてその神社は紅葉狩りのために各地から観光客が集まるため
シーズンは大渋滞する長い坂の上にあるのです。

そんな時期にそんな場所でわざわざ結婚式‥
案の定、問題はおきましたよ。

続く

912愛と死の名無しさん:2011/02/16(水) 00:08:13
親戚一同を乗せたマイクロバスは大渋滞に巻き込まれ、
じりじりとするも、どうしようもない。

とうとう運転手さんが、「降りて歩いた方が早いです」と言い出した。
そうは言われても、式場まではまだ3キロ近くあり、
親戚の大半は高齢者で、中には80代のお祖父ちゃんも。

若い兄夫婦はバスを降りて歩いたそうです。
3歳近い子供を代わる代わる抱っこして。
慣れないスーツに革靴、奥さんはヒールで、3キロの坂を‥
式場に着いた時は憔悴しきっていたそうな。
そしてバスで来た親戚は時間に間に合わなくて、みな式に出席できず。
どうして新郎新婦、その両親がこうなるのを予想できなかったのか、
甚だ疑問に思うばかりでした。
(新婦ご両親の希望での式だったらしいですが)

913 :愛と死の名無しさん:2011/02/16(水) 00:39:50
>>911-912
>どうして新郎新婦、その両親がこうなるのを予想できなかったのか、
>甚だ疑問に思うばかりでした。

予想してそれ以上だったんでしゃ

>若い兄夫婦はバスを降りて歩いたそうです。

その状況で自分達だけ間に合っても焼け石に水なのに御苦労様

914 :愛と死の名無しさん:2011/02/16(水) 00:48:59
それは、その夫婦というよりは式場(神社)側の怠慢だと思うけどなあ

3キロの道のりが「歩いたほうが早い」ってほどの渋滞が起きるというなら
事前に警告くらいはしてほしいよ



関連記事



コメント:40 |  2012.02.15 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事