ヘッドライン

▲サムかった、披露宴・・・▲
http://life.2ch.net/sousai/kako/992/992887003.html

347 名前: 愛と死の名無しさん : 01/12/25 08:23
これは寒かったというのか、何ていうのか・・・。
私は”痘痕もエクボ”状態かもしれないので皆さんの判断をお聞きしたいです。

私の旦那のお母さん(お義母さん)は一卵性の双子なのですが、当日妹(義理叔母)も出席。
これが異常にまでそっくりで私も見分けがつかない状態に。(似ているとは聞いていたが)
当日会った時にも「お義母様、今日はよろしくお願いします」と言ってしまった・・・
まあその時は笑いながら「いえいえ、妹の方ですよ~」って感じだった。

当然私の両親も間違って、その時は両親とお義母さん、義理叔母も笑いながら談笑していたのだが、
宴の最中に私の父が酔っ払ってまたしても間違えてしまった。
その時、お義母さんもちょっとお酒が入っていて「ムッ」としたらしく、後ろの席でちょっと言い合いに。
参列者の方々も気づいてザワザワとなってしまった。
式場のスタッフや司会者の方、お互いの親戚も後ろに集まりちょっとした祭(ワラ になってしまった。

その時・・・旦那が司会者の方からマイクを貰って一言。
「かあさん、昔から間違えられてるやろ。俺も未だに後姿なんか間違えるのに。
 折角忙しい中自分の息子の結婚式を祝いに来てくれた人々に迷惑をかけるなら出て行き」って言いのけた。
これってやはり寒い披露宴になってしまうのでしょうか・・・?

348 名前: 愛と死の名無しさん : 01/12/25 08:30
後日談
控え室ではお義母さんは旦那に正座させられて説教されてました。と言ってもビールをお互いに飲みながら
「たのむで~」みたいな感じでしたけど。
そして父とお義母さんは私に一生頭が上がらない失態を見せてしまったとも言ってました。
そのこともあってか、お義母さんは私に気を使ってくれて、嫁姑関係も良好で
何より旦那が母親に頭の上がらないマザコンでないことがわかってよかったですけど。

最初、料理はフランス料理のコースだったのですがお義母さんが自分の小料理屋で出している
一品をどうしても出した言って旦那もそれを了解したので、「ちょっと~」って思っていたのです。
義理叔母に後で聞いた話では、死去(10年前)したお義父さんが息子(旦那)の結婚式には絶対出したいと
言っていた料理だったらしいです。。。先に言ってくれれば、喜んで賛成したのに(涙

349 名前: 愛と死の名無しさん : 01/12/25 12:21
>347、348
いい旦那さんだー。
サムいどころか、「おっ新郎やるじゃん」って
みんな思ったんじゃない?
お義母さんもいい人そうだし。
お幸せにねー。



関連記事



コメント:47 |  2012.03.31 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
▲サムかった、披露宴・・・▲
http://life.2ch.net/sousai/kako/992/992887003.html

340 名前: 愛と脂のななこさん : 01/12/24 03:15
嫁のわがままでヤマトナデシコで松島ナナコが着たのとおなじものの
サイズ大違いのウエディングドレスを特注した
二人合わせて200㌔はあるだろう巨漢カップルの結婚式でのこと
披露宴の直前に親戚が『入場のBGMは地元の民謡の長持唄でする』と強硬に言い出し
なぜかすでに地元からつれてきていた三味線のお師匠さんとその親戚が高砂にスタンバイ
頭が混乱して断りきれなかった新郎新婦が晴れて入場
エブリシング@ミーシャで感動の入場のはずが聞いたこともない民謡に雰囲気はめ茶苦茶に
そのあと、二人の紹介のとき、場を読めないおばさん司会が
『実はこのウエディングドレス、先ほどの入場の曲が主題歌のドラマ、やまとなでしこで松島菜々子さんが来ていたものと同じなんですよ~』
と用意してきたセリフ?をそのままいってしまってすぐさま訂正した瞬間、新婦は泣き出しました



関連記事



コメント:55 |  2012.03.31 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
▲サムかった、披露宴・・・▲
http://life.2ch.net/sousai/kako/992/992887003.html

334 名前: 愛と死の名無しさん : 01/12/21 15:48
サムいのとはちと違うんだけど・・・なんていうか。

手作りの席次表が置いてあった。
「私たちらしさを皆様に知っていただきたく手作りしました」
って書いてあって、それは別にかまわない。
費用節約丸見えのしょぼいモノだったが、ぜんぜんかまわない。

ただ、作った本人がバカなのか、ワープロが不良品だったのか(そンな訳ねー)
私の名前の中の漢字が一文字だけ手書き
(しかもヘッタクソなクセのある丸文字)

別に、そんなムズカシイ漢字じゃない(芸能人でも同じ名前の人いるし)
ふつうに「○○こ」と打って変換すれば「○子」と漢字変換できるはず。

そして、新婦の学生時代の写真が盛りだくさんで、それぞれに
サムいコメントが書いてあった。
新郎の学生時代写真はほとんどナシだったけど、それもまぁ、ヨシとしよう。

ただ、新婦の学生時代は、まだ今みたいにマユゲを細く整える時代じゃなくて、
みんな太マユだったのを、修正してあるの。全部。
新婦の顔は念入りに、その他のコのは超テキトーに。
当然、その他の人々はブスに見える。

集合写真なんかは、新婦だけがハッキリと引き立つように、まわりの人が
ボーっとなるように修正、というか細工した写真ばかり。

家に帰って、自分が持ってる同じ写真と見比べてみたけど、
明らかに細工してあるのがわかるの。

そんな細工しなくても、新婦はそこそこかわいい人だったのに・・・デブだけど。
あんなセコイことする人だと思わなかった。

その披露宴・二次会で初めて会った人に、
「ねえ、君はこの写真に写ってる?どれ?」
と聞かれて、「コレなんだけど・・・」
って指差したら、
「えっ・・・整形したの???」
って言われたよ。トホホ・・・してねーよ!!!

335 名前: 愛と死の名無しさん : 01/12/21 15:58
>>334
その新婦もサムイがお前もサムイ。
なんつーか書き方が。

336 名前: 愛と死の名無しさん : 01/12/21 16:02
>334
コピペかとおもた。



関連記事



コメント:34 |  2012.03.31 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
▲サムかった、披露宴・・・▲
http://life.2ch.net/sousai/kako/992/992887003.html

316 名前: 愛と死の名無しさん : 01/12/20 09:42

友人の結婚式。
お色直し6回で誰もいない高砂席に向って
「おめでとう」とスピーチした招待客多数。

317 名前: 愛と死の名無しさん : 01/12/20 09:48

>>316
ある意味、このスレの趣旨に一番そぐわった話かもしれん。
でもお色直し6回ってすごい!

318 名前: 愛と死の名無しさん : 01/12/20 11:30

お色直し6回か。何を着たんだろ?
私の友人の時も白無垢→色内掛け→ウエディングドレス→色ドレスってやった
だけで殆ど席に居なかったしなぁ(苦笑)
結婚式に夢持てる人ってある意味羨ましいよ・・・・
自分は持てなかったのでやりませんでしたが。



関連記事



コメント:24 |  2012.03.30 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
▲サムかった、披露宴・・・▲
http://life.2ch.net/sousai/kako/992/992887003.html

306 名前: 愛と死の名無しさん : 01/12/17 16:48
大学のサークル仲間中心の披露宴。
式・親族のみの披露宴は別に執り行い、二次会に近い雰囲気の
レストランウェディング。
新郎新婦の双方、そして出席者の大半が仲間内。
それに、ご両親・兄弟、職場の上司・同僚・後輩が少しずつ。
私は新婦の職場同僚。

最初っから下ネタオンパレードでどうなることかとハラハラしたが、
よりによって、後輩どもが揃って円卓の上にあがりこんで
「チソ毛ファイヤー」なる出し物を披露し、
続いてビン一気(チャンポン+持ち込みのラー油入り)!!
可憐なピンクのクロスは、燃えカスや口からあふれた
異様な飲み物の色でとんでもないことに。

マジでヴァカコンパのノリそのもので、私たち職場連中は引きまくり。
ご家族も顔面蒼白でいたたまれないようだったが、
一番ヒンシュクだったのは、それをキャイキャイはしゃいで喜んでる
新婦当人だった。
「すっごい久しぶり~キャーイヤーー(笑」って、アンタ・・・

披露宴翌週に新婚旅行に行き、休みが明けて戻ってきた新婦。
「来てくれてありがとうございましたぁ~!」と、日に焼けた笑顔で
明るくお土産のお菓子詰め合わせを差し出したが、
激怒していた上司は無言のまま受け取らなかった。
結局本人が置いたのか、給湯室にポツンと残されたそれに
誰も手をつけず、半年経ってゴミ箱逝きに・・・。
人格を疑われてしまった新婦は、なぜみんなが自分に冷たいのか
全く理由に気づかぬまま、ダンナの転勤により退職していった。

うちの職場もDQN入ってるかとは思うけど、そう思わずにいられないほど
ひどい披露宴だったよ・・・。



関連記事



コメント:33 |  2012.03.30 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事