ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 99 *****
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1301122632/

905 :愛と死の名無しさん:2011/04/10(日) 12:50:05.39
数年前、従兄の結婚式に招かれた時の話。
新婦側の参加者が軒並みドタキャンで空席が目立っていた。
会社関係は上司を始め全員欠席(10人くらい)、友人関係も半分くらい欠席(15人くらい)
何があったんだろうね?と他の招待客とヒソヒソ。
会社関係者が欠席って新婦の勤めてた会社の経営ヤバいの?とか。
お祝いの電報も一切読まれず、異様にニコニコしてる新婦と不審顔の新郎の従兄っていう
変な披露宴も漸くお開き、って辺りで写真撮影してた新婦の友達のひとりが新郎に何かを耳打ちした。
新郎の顔色が変わり、新婦も顔色を変えて、慌ただしく披露宴終了。
お見送りの挨拶もなく、新郎新婦の両親も控室に篭って出で来ず。
式場の職員の人に見送られて招待客は解散。
親族は理由も分からないから会場に残って、これからどうする?なんて相談してた時
控室から従兄一家が怒り狂って出てきて「籍を入れれると思うな!」って泣いてる新婦に怒鳴ったりしてた。
新婦は、ロビーでドレス姿のまま号泣。
意味が分からない親族はオロオロ。
その場は、どうにか収めて解散して、後日聞いた話によると新婦は職場では相当嫌われていたらしい。
更に新婦は職場の人気者の女性(既婚)とは折り合いが悪かったようで何かと嫌がらせを繰り返していたらしい。
で、その女性が妊娠。これまで以上に労られるその女性に嫉妬した新婦は
あろうことか、妊婦である女性に椅子(机?)を思い切りぶつけて(転ばせて?)流産させたらしい。
不可抗力って事で警察沙汰にはならなかったらしいけど、職場の人間は軒並み欠席。
欠席の意向を式の前に伝えられていたのに、新婦は新郎に伝えず。
むかつく女が流産しちゃったのーと嘯かれた友人たちも欠席したらしい。
従兄はその事実を新婦友人に知らされて、控室で問い詰めて詳細発覚。
もちろん婚約は解消。
その後、新婦はどうなったかは知らない。

906 :愛と死の名無しさん:2011/04/10(日) 13:13:09.76
立派な犯罪者じゃん。何で不可抗力なんだ?
証拠がなかったとか?

907 :愛と死の名無しさん:2011/04/10(日) 13:48:26.04
イスをぶつけたのはわざとではなかったという事かと思った。
わざとではないけど、元々の言動から意識的にやったと思われてしょうがないって感じなのかなって。

908 :愛と死の名無しさん:2011/04/10(日) 13:58:26.50
> むかつく女が流産しちゃったのーと嘯かれた

たとえ本当は無意識だったとしても、これで信じろってほうが無理だろ。



関連記事



コメント:64 |  2012.03.13 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 99 *****
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1301122632/

898 :愛と死の名無しさん:2011/04/10(日) 01:55:04.41
友人(新婦)が高校時代の先生と結婚式を挙げたときのこと。
二人は教師と生徒の関係だった頃から付き合っていて、友人が短大を卒業した年に式を挙げた。
披露宴には、ありがちだが歌を贈るために新郎のクラスの生徒たちが来ていた。
定番のてんとう虫のサンバの後、それぞれが色の違うポンポンを持って
「祝」の字を作るなどいかにも高校生らしいお祝いをしてほのぼのだったが、
〆の挨拶にマイクをとった子(牧瀬里穂似だった)がいきなり泣き出し
「ごめんなさい先生、私やっぱり先生のこと好きです。結婚しても諦められません!」
としゃがみ込んだところで空気が一変。
広がるどよめき。絶句の表情で固まる新郎を睨みつける友人。
友人父が「この野郎やっぱり生徒なら誰でも手ぇ出す奴やったんか!」と新郎を殴り
さっきの女の子が「やめて先生は悪くないのー!」とかばいに行って友人ともみ合いに。
収集つかなくなって、当事者まとめて別室に連れて行かれた。
披露宴はお食事会となり、各テーブルとも禁断の恋の話題で盛り上がったことこの上なし。
女の子のは一方的な片思いだったと誤解がとけ、二十年たった今も二人は夫婦やってるけど
旦那がいつ女子高校生に手を出されないかと、友人は不安が絶えないようだ。



関連記事



コメント:70 |  2012.03.13 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 99 *****
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1301122632/

894 :愛と死の名無しさん:2011/04/09(土) 23:14:13.94
父がちょっと不幸だった結婚式。
姉の結婚式を近親族のみで、沖縄でする事になった。
大好きな祖母にも出席して欲しかったが、祖母は80歳近い年齢で、
足が悪いし、杖が無いと移動が難しい。
そこで父が「俺が面倒見る!」と宣言。(母死別でいません)
姉達もプランナーや旅行会社に車椅子等の用意を頼み、
無事、出席の運びとなった。
ほっとしたのもつかの間、
父、出発の2日前にちょっとした事でギックリ腰になり、自分が
車椅子にて移動するハメに。
結婚式では、何故か元気一杯になった祖母が、嬉々として父の車椅子を押して、
バージンロードは歩くし、次の日にグラスボートに乗って船酔いで、
動けなくなった私の面倒も一緒に全部見てくれて、
結局祖母に全部甘えた式+旅行になってしまった。
父は凹んでいたが、新郎親族には
「元気なおばあちゃん」として評判良かったし、
私達は祖母が楽しそうだったから、良かったと思う。

895 :愛と死の名無しさん:2011/04/09(土) 23:59:06.25
なんというエクスチェンジw

896 :愛と死の名無しさん:2011/04/10(日) 00:23:46.31
>>894
不幸じゃなくてほのぼのじゃねーかw

897 :愛と死の名無しさん:2011/04/10(日) 01:39:27.61
婆ちゃんw



関連記事



コメント:42 |  2012.03.13 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事