ヘッドライン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 |  --.--.-- |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
目撃ドキュ3 ◆サムかった、披露宴・・・◆
http://life.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1033059275/

335 :愛と死の名無しさん:02/10/05 20:44
先輩(女)の結婚式が寒かった…。私は先輩と仲が良く、
たまに家に遊びに行くことがあったので、ご両親ともわりと
打ち解けていました。
結婚前から、先輩の両親はだんなさんのことが気に入らなかった
らしいのですが、「あの二人は別れないのだろうかね?」と
お父さんにポロっと言われたときはちょっとコメントに困りました。

結局二人は反対を押し切って結婚したのですが、
先輩のお父さんは彼に「頼む別れてくれ!!」と号泣して
頼んだらしいのです。それを先輩から聞いていたので、
お父さんの披露宴での涙が…(-_-;)

反対されてた理由は、彼女が自営の一人娘で婿取りを
求められていたことと聞いていますが、
何か他にも理由あるんじゃ?とちょっと穿ってしまいました。



関連記事



コメント:15 |  2012.04.24 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
目撃ドキュ3 ◆サムかった、披露宴・・・◆
http://life.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1033059275/

327 :愛と死の名無しさん:02/10/05 05:47
先日出席した友人(新婦)の披露宴。
すごく細やかな気使いが出来る人だし、楽しみにして出席したんだけど…

乾杯の挨拶は、新郎(自営業らしい)のお父さんの古くからの友人で、仕事でも
大変にお世話になっている人らしい。
グラスを持ったまま話を聞く事…20分。
最初は普通に祝辞らしきのを述べていたんだけど、そのうちに話は新郎の両親の
苦労話へ。その当時を思い出してか、うっすら涙ぐんでいる。
話の内容も、新郎新婦と新郎の両親が入り乱れ、どっちの事を指しとるんじゃ( ゚Д゚)ゴルァ!
になって支離滅裂。
白無垢姿の新婦は、ずーっと立たされているから気の毒なくらい具合が悪そうになっていた。

そして新郎側の来賓祝辞。
新郎の恩師らしいが、新郎が学生時代ずっと柔道をやっていた事に触れ、
「××くんは、寝技に関しては天下一品です。すぐに××くん二世が誕生するでしょう」
新婦側の席は静まり返る…

極めつけは新郎の父。
披露宴最後の挨拶で、マイクを右手に、カンペを左手に持ってスピーチ…の筈が、
カンペは丁寧に折られていて、片手では開けず続きが出てこない。
おまけに激しく酔っ払っていて、何を言っているか分からない。
そこに酔っ払ったおっさんの野次が飛ぶ「しっかりしろよぉ♪」
新郎の父「酔っ払ってしまってすみません。嫁を迎える事がこんなに嬉しいものだとは…
これからは、私たちを本当の父親、母親と思って(中略)早く孫の顔を見せてもらって
親孝行をしてもらい、いずれは同居をして豊かな老後を迎えたい・・・云々」とたぶん予定外で
あろう事をべらべらしゃべり、新婦側の親戚・友人が引いていくのがはっきり感じられ、
新婦は顔を伏せ、新郎は目に見えるほど動揺、新郎母は暴走する父親をさりげなく
止めようとして失敗、新婦の両親はうつむき肩をわなわなと…

新郎側の誤爆さえなければいい披露宴だったのに…と思いますた。

328 :愛と死の名無しさん:02/10/05 05:54
>>327
乾杯の挨拶&来賓祝辞までなら、まあよくある程度の
おさむいスピーチだけど最後の新郎父のはちょっとすごいね。
途中から自分にとってだけ幸せな事を語りだしてるのが痛い。
酔っぱらった上での事だから、と言ってとりなす人っているけど
あれって嘘。私もお酒好きだからよくわかるんだけど
酔っぱらった時に吐く暴言は本音です。そう考えるとこの新婦の
未来は・・・・。



関連記事



コメント:9 |  2012.04.24 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
目撃ドキュ3 ◆サムかった、披露宴・・・◆
http://life.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1033059275/

321
愛と死の名無しさん:02/10/04 23:24
中学卒業してから全く付き合いのない友人から、披露宴出席の打診。
おまけに、受付、スピーチ、歌をやってね、と依頼。
断ろうと思ったけどそこの親にまでお願いされ、しかたなく出席。

同じテーブルに、私と同じ年くらいの人が座ってた。
「お友達ですか?」と尋ねたら、
「高校のとき一緒のクラスだったんだけど・・・卒業してから
付き合いないし、何で呼ばれたのかわかんないんです。」

もう半ばやけで酒かっくらってスピーチと歌をこなしましたが、
他の方もそんな感じのスピーチだったんで、心温まるエピソード
なんてないから感動も盛り上がりもなく・・・。

宴終了後、新婦のご両親とお兄さんが私に
「お世話になって・・・」とぺこぺこ頭をさげ、ポチ袋にお金を
入れて「これでお茶でも飲んでね。」と渡してくれた。
なんか、やるせなかったです。

322 :愛と死の名無しさん:02/10/04 23:27
>321
親族の方がマトモだったのが唯一の救いだね…

323
愛と死の名無しさん:02/10/04 23:56
>322
数年たちますが、今だに道端でご両親に会うと、
ぺこぺこされます。

この披露宴、新郎もたいがいで、
最初の新郎新婦入場のとき、紋付袴に横山やすしみたいな
サングラス(紫グラデーション)姿で登場。
私らだけでなく親戚も引いてました。

おそるおそる司会者が理由を尋ねたら、
「いやぁ緊張すっから、周り見えないようにって・・・」
三文字の自由業サンかと思ったら、ただの小心者でした。



関連記事



コメント:13 |  2012.04.24 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。