ヘッドライン

目撃ドキュ25 ◆◇サムかった、披露宴…◇◆
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1143479231/

653 :愛と死の名無しさん:2006/05/05(金) 02:03:05
親戚の披露宴に逝った。

新郎:医者の息子。医者。
新婦:有名高校の校長の娘。元スチュワーデス(今はこんな言い方しないんだっけ)

あらゆるところに見栄や欲望が渦巻いてる宴で怖かった。

列席者・祝電者の顔ぶれによる両家の格付けバトルで幕開け。
スピーチはお決まり
「新郎のことはよく存じませんがお父様とはOO以来のお付き合いをさせてもらっており・・」系。

料理はなんとかの鉄人がプロデュース。
お品書きには鉄人の長々としたプロフィール入り。
メインの肉の時はその鉄人本人が登場、会場で巨大なブロックを派手な炎で焼き上げます。

その間にも、
新郎新婦の友人達・・・医者VSスッチーによる互いの品定めバトルが静かに行われており戦々恐々です。
新婦友人達によるスピーチは皆「アテンションプリ~ズ、アッテンションプリ~ズ」で始まり、
アピールにぬかりはありません。
結婚という空港を発ちましたとか幸せフライトは続きますとか
なにがなんでもそっち方面にもっていったる根性が凄いです。

しかし
格式高く歴史がある(=古い)会場は空調が大雑把であろうために自分のテーブル付近は寒すぎ、
心身共にずーっとガクブルの宴でした。疲れた。

654 :愛と死の名無しさん:2006/05/05(金) 02:45:48
>>653
乙。寒々しいやね。

食事は味わえました?(寒くて無理?)
それと引き出物は豪華でした?

655 :愛と死の名無しさん:2006/05/05(金) 03:06:41
>新婦友人達によるスピーチは皆「アテンションプリ~ズ、アッテンションプリ~ズ」で始まり、

ワロスwww



関連記事



コメント:40 |  2012.09.27 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
目撃ドキュ25 ◆◇サムかった、披露宴…◇◆
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1143479231/

606 :愛と死の名無しさん:2006/05/03(水) 08:10:11
サムかった、というほどではないけれど・・・
昔出席したB’zファン同士の結婚式。
BGMがすべてB’zなのはもちろん、テーブル名が「シングル名」だった。
「松」とか「竹」とかじゃなくて「ALONE」とか「ZERO」とか・・・
「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」なんて
席次表では文字つぶれてて読めません。

ケーキ入刀に「BAD COMMUNICATION」とか
新婦の手紙に「もう一度キスしたかった」とか
もうちょっと考えろよと。

引出物はB'zのアルバムだった・・・
BOOKOFFで売れました。

607 :愛と死の名無しさん:2006/05/03(水) 10:14:21
B'z好きだけど、そんな披露宴嫌だ。
テーブル名がシングルの名前って…。
テーブル名が色の名前で「ベージュ」ってのがあった時より笑える。

609 :愛と死の名無しさん:2006/05/03(水) 10:25:44
>>606
中島みゆきのファン同士だったら「わかれうた」「横恋慕」とかに
なるのかw
さだまさいファンなら「精霊流し」「縁切寺」「無縁坂」w



関連記事



コメント:36 |  2012.09.27 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
目撃ドキュ25 ◆◇サムかった、披露宴…◇◆
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1143479231/

532 :愛と死の名無しさん:2006/04/28(金) 16:21:42
去年の夏、同僚の結婚式が、水曜日の16時からだった。
新郎新婦の職場が土日に休めない職場とかじゃなくて、
ただ単に「その日が二人の記念日だから」。
せめて金曜なら翌日が休みなのに・・・

結婚式は16時から。
披露宴は18時から。
WDで挙式→白無垢に着替えて写真撮影→色打ち掛けで入場だったため
いろいろと時間がかかったらしい。
約1時間半の間、一般の招待客はただぼーっと待つだけ。
15分くらい歩いたところにならコンビニやファミレスがあったが
あいにくその日は台風接近中で、外は強風と大雨だったので、
外に出る気にはならなかった。
披露宴で「平日の、このような悪天候の中・・・」といったお詫びの言葉もなし。
30分遅れて、18時半から始まった披露宴が終了したのは、22時前だった。


披露宴が始まるまでの間、ぼーっと待たされてたロビーで
上司がぼそりと
「ふたりの門出を表してるような天候ですね、って祝辞に織り込んだら
蹴られるかな」と呟いていたのが印象的だった。
(実際は「外はあいにくの嵐ですが、このような嵐も二人で乗り越えて・・・」と
無難な祝辞に落ち着いてました)



関連記事



コメント:17 |  2012.09.27 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事