ヘッドライン

目撃ドキュ 34◆◇サムかった、披露宴…◇◆
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1184094590/l50

264 :愛と死の名無しさん:2007/08/08(水) 07:39:45
先週末に、後輩の結婚式に出席してきた。
教会で挙式後、レストランウェディング。
ケーキ入刀代わりに、スイカ入刀。
乾杯は、シャンパンとかではなく瓶ラムネ。
新郎新婦のお色直し中座後「お外へどうぞー」
外に準備されていたのは、そうめん流し。
そして、お色直しを済ませた新郎新婦登場。
「ここで、新郎新婦よりそうめんサーブを!」と司会者。
次々と、竹にそうめんを流し始める新郎新婦。
しかも、そうめん流しを楽しんでもらえるようにとの「新郎新婦の配慮」で
食事の品数は少なかった。
デザートはスイカ。
引出物は、ガラスの器と金魚(生きてるやつ)

なんでも、昔読んだウェディング雑誌に「そうめん流し」が出てたそうだ。
それを見て「夏らしくていいと思った。季節感を出したかった」らしい。

265 :愛と死の名無しさん:2007/08/08(水) 07:43:09
>264
金魚。
新郎新婦は出席者がお盆時期に旅行に行くかもって考えなかったのかね。

267 :愛と死の名無しさん:2007/08/08(水) 08:16:44
式場側も止めればいいのに。
そうめんは痛いけど
生き物をプレゼントって、、、。
望んでるわけじゃない場合、披露宴じゃなくても迷惑なのに。

269 :愛と死の名無しさん:2007/08/08(水) 08:40:29
いい年して生き物粗末にするって、ありえんな。



関連記事



コメント:27 |  2012.12.03 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
目撃ドキュ 34◆◇サムかった、披露宴…◇◆
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1184094590/l50

242 :愛と死の名無しさん:2007/08/07(火) 10:46:33
流れ豚切り。
先日、新郎友人として披露宴に出席。
新郎新婦、ゲストをもてなす配慮がいたるところにほどこされ
和やかな雰囲気で終了というところで、
スポットライトが新婦両親に当てられサプライズ。
何でも、新婦の両親が結婚式を挙げてないらしく
その場で、新婦両親ケーキ入刀。
ご丁寧にもファーストバイトまでやってくれた。

・・・・・・何で?なぜ今、ここで??

微妙な空気が会場には流れたよ。

246 愛と死の名無しさん:2007/08/07(火) 12:15:04
>>242
私はその演出2回ほど出くわしたことある>両親入刀
でも、両方ともそれなりにつつがなく祝福されてたし、
むしろ孝行息子(娘)の株もあがったように思えたよ。
最近のプランのオプション項目にあるんではないの?

247 :愛と死の名無しさん:2007/08/07(火) 12:39:07
>>246
それやらされる両親って恥ずかしくなかったのかなぁ?
しかもファーストバイトって。
人前で「あーん」ってするんでしょ?
普通恥ずかしいと思うと思うんだけど。

たぶんお花脳にはスバラシイ演出に思えるんだろうね。

249
愛と死の名無しさん:2007/08/07(火) 13:23:38
246>247
一回は友達(=新婦)のご両親だったからシラネだけど、
もう一回は夫の兄だったorz
同じテーブルに着てたから、スポット来た時はアチャーと思ったよ。
義両親も、事情あって式挙げてなくて、挙げなくていいと思ってたけど、
でもそういう申し出受けた時に、息子の気持ちを大事にしたいと思ったらしい。

「これからもずっとお前を食べさせていくよ」
「これからもずっとおいしいご飯を食べさせてあげるわね」
みたいに言葉はいじってあって、呼称もファーストバイトではなかったと思う。
いやいやとか言ってた割には、義父がノリノリだったことに更に唖然。
それでも、コッチの身内はともかく新婦方のご親族にも受けはとても良かった。
年配の列席者ほど、感動してくれてたように思う。



関連記事



コメント:32 |  2012.12.03 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
目撃ドキュ 34◆◇サムかった、披露宴…◇◆
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1184094590/l50

168 :愛と死の名無しさん:2007/08/03(金) 20:17:16
出たことあるよ、亡き母からのビデオレター有りの披露宴。
亡くなってたのは新婦母だったけど。
会場全体的に、泣いてる人とさめてる人半々くらいだった。
新婦も泣いてるのかと思って見たら、式場全体を見回して反応確かめてて
披露宴の後「泣いてなかったですよね」と言われ、さめた。
招待客全員に、自分と母の絆を見て泣いてほしかっただけかよ、と。

披露宴の後の帰り道、一緒に帰ってた同僚一同、なんとも言えない違和感が漂ってた。
途中、一人がぽつりと
「なんかさ、披露宴帰りっていうより、お葬式帰りみたいな気持ち」
と呟き、全員でうなずきあったなー。
今となっては、新婦のカクテルドレスの色も、新郎友人による演奏の曲名も思い出せないが、
ビデオレターの亡きお母様の白い服と、BGMの「コスモス」は強烈に覚えてる。



関連記事



コメント:29 |  2012.12.03 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事