ヘッドライン

目撃DQN56◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1274498442/

856 愛と死の名無しさん:2010/08/16(月) 19:54:33
さむいというか、なぜ?って感じの披露宴。
私の披露宴に参列してくれた友達から一年後に披露宴に招待された。
楽しみに行ってみたらお色直しのドレスの色とか会の流れとか、デジャヴ。。
なんかわからないけど私の披露宴とそっくりだったw
ドレスは小さい頃から着たことない色で、親戚・友人びっくり・でも好評だった。
『私ちゃんがこの色着るのびっくり!似合うよ~』みたいに。
でも友人は普段も着てる色なので共通友人は『私ちゃんの時と同じ色だね?』という反応。
帰り際に何故か勝ち誇ったように『私ちゃんの披露宴良かったから私も頑張ったの』って言われた。
長いから一度切ります。

857 愛と死の名無しさん:2010/08/16(月) 19:57:44
長くてごめん。続き。
ドレスだけだったら彼女が好きで選んだ色なんだろうって思っただろうけど
ドレス以外にも、お色直し時の退場にプチサプライズで母に手を引かれて退場とか
(その時まで母には内緒にしてた)。
お色直し時の入場のちょっとしたイベントとか
詳しく書くと身ばれしそうな細かい演出なんかもかぶっててびっくりだった。
別に私は彼女や皆の憧れの的みたいなタイプじゃないし、彼女に敵対心を持たれる覚えもない。
思い当たるとすれば私の披露宴が『楽しかったよ~』とご好評頂けたことくらい。
私は客観的に見るのは初めてだったからそれなりに楽しめたけど同じような披露宴二回見た友人たちは複雑だったと思う。

858 :愛と死の名無しさん:2010/08/16(月) 19:58:36
>>856
いいじゃん。リスペクトされてるんだろ

860愛と死の名無しさん:2010/08/16(月) 20:18:03
>>858
そうかな?いいのかなw
ちなみにその友人は結婚してから人が変わっちゃって周りも私も疎遠になった。
気づかなかっただけで元々変わった子だったのかも。

862 :愛と死の名無しさん:2010/08/16(月) 20:22:42
>>860
いくら良かったからって何から何までマネする頭はどうかと思うが、純粋に「あれヨカッタなー」と思ったからの事だろ。オリジナルとして自信もってヨシ!
で、実際どっちの完成度が高かったんだ?

863 :愛と死の名無しさん:2010/08/16(月) 20:24:24
披露宴なんて似たり寄ったりだし
母に手を引かれての退場なんてのもよくあるから
「まねされた当事者」が思うほど周りは引いて無いと思うよ

ついでに、披露宴誉めるのも当たり前
その真似した友人の披露宴も回りからは好評(と本人には伝わってる)

864 :愛と死の名無しさん:2010/08/16(月) 21:18:06
なんか前にも似たような話を読んだ気がするようなしないような…

865 :愛と死の名無しさん:2010/08/16(月) 21:29:19
小町で二番煎じの披露宴だの、10年温めた式をぱくられただの
似た話が色々あったよ。

868愛と死の名無しさん:2010/08/16(月) 22:15:42
>>860だけど。。
母に手を引かれて~っていうのは、よくあるイベントだから書けたけど
書いたら身ばれするようなサプライズもだったからちょっと“似たり寄ったり”ですまないレベル。
何年もたって様々な披露宴に出た友人達が『私ちゃんの披露宴は楽しかったから覚えてる。ドレスも忘れない』
って言ってくれたから、ただ単にお手本にしてくれたのかなぁ?
何となく聞きづらくて彼女の披露宴に関しては友人達と話したことはない。
小町にも似た話あるんだね。
話たことを先にやられたとかじゃないから、いいか。



関連記事



コメント:31 |  2013.06.10 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
目撃DQN56◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1274498442/

829 :愛と死の名無しさん:2010/08/10(火) 12:57:34
本人達にその気がなくてもスイーツなプランナーに当たると大変。
うちは公開プロポーズをやたら薦められたが、嫁が
「それをやっていいのは若くて美男美女のカップルだけですよねぇ。」
と言い放って黙らせた。その後、寒い演出の押し売り一切皆無。

832 :愛と死の名無しさん:2010/08/10(火) 13:34:47
>>829
友人のあたったプランナーがお花畑全開だった

新婦はひたすら「地味に」「質素に」「内輪だけで小規模に」「食事会に毛の生えたようなもの」と念を押していた。
それに対して新郎は多少お花畑気味(せっかくなんだし○○とかしようよ、と提案して却下されたり)だった。
その温度差を利用したのがプランナー。
当日、新婦には内緒で新郎と組んでたくさんのサプライズを準備。

「母親に手紙読むなんて恥ずかしい。読むんなら自分の家で読むよ」と言っていたのに
何と「母親から娘への手紙」を準備させ、当日母親に読ませる。
また、「新郎から新婦への手紙」も(以下略)
さらに、サプライズのプロフィールビデオ(新郎がこっそり新婦両親から写真等を借りたらしい)
最後の閉めは「新郎から新婦へ愛を込めて歌うカラオケ」
歌ったのは河村隆一の「Love is...」

大勢の前だし必死で作り笑顔で返してた新婦も最後には泣いてたので
司会者は「嬉しさのあまり涙を流す新婦」と表現していたけど
後に「何で自分の結婚式でこんな目にあうんだ…」と情けなくなって泣いてしまったらしい

833 :愛と死の名無しさん:2010/08/10(火) 14:16:31
うわー最悪だ
ちゃんと式場にクレーム入れたのかな

834 :愛と死の名無しさん:2010/08/10(火) 14:19:34
>>833
新郎の全面協力があるんだから無理じゃない?
新婦には気の毒だけど

835 :愛と死の名無しさん:2010/08/10(火) 14:20:57
むしろ夫婦間で揉めそうだなw



関連記事



コメント:33 |  2013.06.10 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事