ヘッドライン

****私は見た!! 不幸な結婚式112****
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1332600425/l50

611 :愛と死の名無しさん:2012/04/28(土) 14:06:16.34
又聞きの話だけど、遠縁女性の結婚式。

新婦父は大の酒好きで、酔うとハイテンションになる。
が、機嫌を損ねると途端に荒れまくり、醒めると覚えていないという実に面倒なタイプ。
おまけに「酒が入っての事だから…」という言い訳常備。
そして新郎はかなりの下戸。

披露宴で、既に出来上がっていた新婦父は、上機嫌で新郎に酒を勧めまくった。
最初は礼儀で受けていた新郎も、「すみません、もうこれ以上は…」
新婦も「お父さん、それくらいにしてあげて」とやんわり。
すると機嫌が急降下した新婦父。
新郎とその親族に、
「礼儀がなってない!育ちが悪いせいだ!」
「家も土地も持ってない貧乏人に、娘がやれるか!!」
と暴言を吐き、新郎に掴みかかろうとした。

慌てて新婦父を取り押さえる新婦の兄弟や新婦親族。
新婦父は大暴れで暴言吐きまくり。
親族の紋付は破れるわ、スーツのボタンは飛ぶわ…
惨憺たる有様だったそうだ。

612 :愛と死の名無しさん:2012/04/28(土) 14:11:50.62
(続き)
新婦母は、暴言を浴びせられた新郎と新郎親族、
止めに入って礼服が滅茶苦茶になった新婦新族に、泣きながらひたすら謝罪。
新婦父はその新婦母にも怒鳴り散らした。

そんな父親に対し新婦は
「私が酔っ払いが大嫌いになったのは、お父さんを見て育ったから。
 人に迷惑かけても、お母さんを泣かせても、いつもお酒のせいにする。
 お父さんとは、今日限りで縁を切ります」と絶縁宣言。

その後、酔いが醒め、例によって自分がやらかした事を覚えてなかった新婦父。
娘に絶縁されたと知って
「うちの土地に家を建てさせてやるから、近くに住め」と機嫌取り。
もちろん新郎新婦はそれを突っぱねた。

613 :愛と死の名無しさん:2012/04/28(土) 14:18:02.61
クソ親父ざまぁw

614 :愛と死の名無しさん:2012/04/28(土) 14:27:50.06
酒乱はアルコール依存症なので病院通いさせて
酒断ちさせないと治らないんだよな
お母さんもいい加減目を覚まして離婚すれば良いのにね
身内に酒乱がいたからその苦労は良くわかる
治療で完全に治すか、もしくは切り捨てないと
ずっとソイツのせいで家族は不幸続きのままなんだ

616 :愛と死の名無しさん:2012/04/28(土) 15:17:38.95
記憶がない酔っている間に、自分がどんだけ暴れているのか
まわりから聞かされていても、
酒を飲もうという判断をするのは、しらふの時であるわけだから
飲んだらタチが悪いんじゃなくて、しらふからタチが悪い
絶縁して正解



関連記事



コメント:27 |  2017.03.29 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
****私は見た!! 不幸な結婚式112****
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1332600425/l50

651 :愛と死の名無しさん:2012/05/02(水) 01:52:26.75
新郎の友人が不幸だなーと思った式
新郎友人代表でスピーチしてた人を新郎がずっと無視
二次会でも無視してた
その人に話聞いたら他の高校の同級生も来るかと思ったのに自分一人だったとキレていた

最近、結婚式してから三年後に新郎が死んだので思いだした
私は葬式は出なかったです

スピーチまでして、たった一人できた新郎友人がかわいそうだなーと思った式です
そんな人だから葬式はいかなかったです



関連記事



コメント:40 |  2017.03.10 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
****私は見た!! 不幸な結婚式112****
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1332600425/l50

599 :愛と死の名無しさん:2012/04/27(金) 10:35:48.60
最近聞いた、うちの親父がやらかしたという不幸。

山深い田舎で生まれ育った父。
兄姉とは年が離れていて甘やかされた上、
一族の中で当時一人だけ大学(それも難関)に進学、
更に大学院にも進んだ。
そして一人だけ都会に出て研究者として大企業に就職。
自分の経歴のおかげで親族も周りから一目置かれると信じ、
その親族自身にたしなめられても気付かないほど
KYに自分の経歴を鼻にかけていた。

そんな父が従兄弟の結婚式に呼ばれた時。
披露宴で司会が父を紹介した際、
父の肩書を間違ってしまったそうだ。
カッとなった父は怒りに満ちた大声で訂正し、
会場が一瞬シン、と静まり返ったそうな。

その従兄弟には弟妹がいるけれど、
その弟妹の結婚式に父は呼ばれなかったそうだ。

父は我々子供が生まれてからもそんな調子だったが、
後年、誇りの源だった研究室勤務から外され、
そして不本意な異動や出向の末に目が覚めたと言う。
「おじさん、何も言わなかったけど、怒ってたんだろうなあ…」


40年経った今も思い出すと消え入りたくなるとのこと。

600 :愛と死の名無しさん:2012/04/27(金) 11:05:47.52
>>599
結婚式という公の場で、しかも司会者が肩書きを間違えるのは
とても失礼なことで、怒るのも無理はない。
ただその怒りをその場でもろに出してしまったのはまずかったね。
今は恥ずかしく思ってるってことは、歳を重ねて丸くなったのかな。
最後の方、想像したらかわいいお父さんでなんか和んだw


... 続きを読む
関連記事



コメント:0 |  2017.03.01 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
人気記事
最新記事