ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 39 *****
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1189492155/

675 :愛と死の名無しさん:2007/09/30(日) 00:01:31
数年前の友人の披露宴にて。
新婦とは学生時代の友人です。

新郎新婦両方名の知れたホテルの従業員。
そのホテルで、列席者もほとんどが同僚。(ちなみにサービスも同僚)

同僚たちの余興みたいので、新郎新婦のプロフィールやQ&Aなどが
おもしろおかしく書かれた冊子が配られた。
そこには、新郎が新婦より低学歴なのが、ギャグマンガっぽく書かれていたり、
「ふたりの出会いのきっかけは?」のQにはじまり、「初体験の場所は?」とか
「そのときの思い出は?」など、かなりきわどい内容の質問まで書かれてた。
しかも、初体験の場所が、双方の答えが違っていて、それに対して「どういうこと!?」
なんて作り手の注釈まで書かれてた。

二次会などでたまに見かけることはあったけど、親族もたくさんいる披露宴では初めて見た。
でも、新郎も新婦もまともに正直に答えていたから、本人たちも了解の上でのことだから
まあ、ライトなノリってことでありなのかな…と思っていたら、

新婦母の顔色がどんどん青くなり、白くなり、とうとうその場に突っ伏してしまった。
そりゃ田舎からも呼んだ大勢の親族の前で、娘の性体験が書かれたものが
配られ晒された日には、青くも白くもなるだろう。
スタッフに介助され別室でしばらく休んでいたみたいだけど、戻ってきてからも
顔色は変わらず悪く、終始うつむいたまま元気がなかった。


つづきます・・・・・

677 :愛と死の名無しさん:2007/09/30(日) 00:14:09
675の続きです。


新婦の親族は、皇室関係も宿泊するような名旅館の経営者や、旧家の厳格な
年寄りが多くて、その余興以降は微妙な空気が流れ続けていた。
そんな中で同僚たちのはやし立てや下品なスピーチは続き、
終宴まで同僚の弾けっぷりは収まらなかった。
普段の他人の披露宴でのストレスを解消してるんじゃないかと思えた。

職場であるわけだから、当然披露宴に出席未出席にかかわらず、
上司にあたる人もいるのに、誰ひとりとして空気を読んで注意したり
やめさせなかったのが不思議。

東京でも有名なホテルだけど、そこでは決して結婚式も披露宴もしない、
と心に決めた。


関連記事



コメント:23 |  2010.06.26 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
関連記事
Loading
ヘッドライン

Secret

人気記事
最新記事