ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 56*****
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1220971804/

153 :愛と死の名無しさん:2008/09/13(土) 22:23:58
定番ですが・・・。

前に一緒の職場だった子(仮名:A)の結婚式に呼ばれた。
一緒の職場だったとき、そこそこは親しかったが、あくまで仕事上の付き合い。
プライベートではほとんど没交渉。
もう一人、同じ職場で呼ばれた子と一緒に参列した。

行ってびっくりした。
なんでも、新郎の側が事業をしているとかで、参列者の数が200人を超えてた。
(会場キャパだけは・・・・・)
なのに、新婦の側、親戚を入れても40人もいない。
新婦と同年代は私ともう一人の子(けして友人ではない)だけ。
しかも、席は欠席も目立つ。
同じテーブルに着いた新郎友人と言う人が酒が入って少し軽くなった口で語られたのはもっと仰天する事実。

新婦、土壇場で入れ替わっていた。
元々、新郎は付き合っていた彼女と結婚する気で、それなりの式場を抑え、新婦も時間をかけて準備していたのだが、
新郎、何か魔がさしたのか、A子に酔った弾みに手を出したそう。
で、A子、大騒ぎ。
結婚してくれないと死ぬと新郎職場で騒ぎ立て、結局、今日に至ったんだと言う。
満面笑顔の新婦、うつむいて喪主か、って言う表情の新郎。
新婦の親もそんなに嬉しそうでなく、新郎の母は最後には号泣。
あぁ、思い込んだら突っ走る性格の子だったわ、と思い出しても、もう遅い・・・。

結局、白々しい祝辞のみ、余興もなく、友人祝辞も
「友人代表として、○君(新郎)が平穏な人生を送ってくれますように。
あまり思いつめないでください」(原文ママ)
という、30秒ほどのもののみだった。
ちなみにそう言った小学校からの親友(司会者紹介)はそのまま式場を出て行った。

154 :愛と死の名無しさん:2008/09/13(土) 22:25:21
何が不幸だったかって、新婦が私たち2人が自分の側の招待客だって認識していなかったこと。
なんで、こんな式に出たんだろ??と、一緒に言った子と語りながら帰ってしまった。
私がアホだった、としみじみ反省した。

この夫婦は、新婚旅行にも行かず、式のあと、新郎一族が新婦に土下座して縁を切ってもらったと聞いた。
そこまでして、結婚したかったんか、A子(当時30半ば、昭和の時代の話です)



関連記事



コメント:38 |  2010.11.29 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
関連記事
Loading
ヘッドライン

Secret

人気記事
最新記事