ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 65 *****
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1234094306/

23 :愛と死の名無しさん:2009/02/09(月) 17:01:35
3年くらい前のほんの少し不幸な話。

とある海浜エリアの会場で、クリスマスイブ(確か23日が金曜で三連休の年だったような)に披露宴。
私は新婦元同僚(私が先に退職)として出席。

式の集合時刻が結構早かったので、他県から出席の私は23日の仕事後、披露宴のある県へ2時間の移動、ビジホに一泊して出席しました。

式が滞りなく終わり、新郎新婦がバージンロードを去った所で「ではお写真撮りますのでこちらへー」と言う係員の指示に従って移動。

「ただいま新郎新婦が参りますので少々お待ちくださいませー」と言われたのは、式を行なったチャペルの玄関で、海風ビュービューの外。

25 :続き:2009/02/09(月) 17:02:43
待つ事10分。
私と友人(妊娠8か月…)は寒さに凍えつつ、出て来た新郎新婦(もちろん二人は防寒バッチリでした…)になんとか拍手を送ったところ、係りの人が
「それでは、写真撮影します。まずは新郎新婦ご両親」
「ではそこに両家ご親族さま」
「お次は新郎上司、同僚の方々~」

と招待客を一纏めにして新郎新婦と一緒に写真を撮り、撮った人から中へ…と言う流れだったようですが、私達が呼ばれたのは最後。


しかも「ではその他の方々どうぞー」だった。

その他…と思いつつ、なんとか撮影を終え、新婦からは私に「遠くからありがとう」友人には「体調大丈夫?ありがとね」といつも通りの優しい新婦でしたが。


妊娠中の友人は結婚数年目、不妊治療を経てやっとできた子供だった。

頭が回らなかっただけかもしれないけど、せめて写真の撮影順を調整してくれたり、係りの人に「待たせる間、気を使ってあげてほしい」と頼んだり、事前に「外で待ってもらう時間がある」って告知したりできたんじゃないかなーと。

私の唯一の防寒具だった薄いストールは、友人のお腹回りに当ててもらった為、記念写真では私だけ腕が丸見えで寒そうでした。


外にいた時間は20~30分ほどでしたが、とにかく海風が辛かった記憶。

披露宴は暖い屋内だったので、真冬のガーデン披露宴と比べるとあまりパンチのない話なので、ほんの少し不幸と言うことで。



関連記事



コメント:48 |  2011.02.16 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
関連記事
Loading
ヘッドライン

Secret

人気記事
最新記事