ヘッドライン

目撃ドキュ19 ◆◇サムかった、披露宴…◇◆
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1126764175/

72愛と死の名無しさん:2005/09/16(金) 15:59:07
友人A子はちょっと変わっていて、虚言癖のある子。
あまりに病的でありえないウソばかりつくので友人一同辟易していた。
そのA子から結婚の招待状が届いたので、まずはめでたいと出席する事に。
(この時点で、自分と友人一同、ずいぶんお人好しだとは思う)

ところが当日、会場チャペルでいつまで経っても式が始まらない。
すると、彼女の親族がやって来て、「新郎が来ないから、式は挙げられない。
申し訳ないが今日は帰ってくれ」と言われる。
その場にいた人皆(゚д゚)???え、ドタキャン?ヒソヒソみたいな。
理由も聞くに聞けずそのまま帰ったんだけど、やっぱりあれは虚言だったでFAなのかなぁ?
でも、親族一同正装でお揃いだったし、ホテルのチャペルまで借りてたわけで。
いくらなんでもそんな大それたウソつくか?
いや、彼女ならそれくらいやり兼ねない。。。

結局その後、本人からも親族からも何のフォローもないんだけど
そんなもんかな?(今年5月の話)つーか本人とはメールしても
電話しても連絡取れず。両親に連絡を取ってみても曖昧な返事で、
謝罪なし。ヘンな友達とエンキリできたって事でよしとすべきなんでしょうか。
それにしてもわけわからん。キツネにつままれたようとはまさにこの事だ。

披露宴話じゃないからsageるけど、ドキュ風味に包まれた不思議話だったので
こちらに投下してみました。

73 :愛と死の名無しさん:2005/09/16(金) 16:03:43
衣裳代、足代、休日潰れたなど被害はもろもろあるのに謝罪ナシとは
厨房の親は厨房か

75 :愛と死の名無しさん:2005/09/16(金) 16:06:17
あるいは相手の男が結婚詐欺師だったか。
でも全部ウソだったと思うのが一番わかりやすいよな。

わたしの大学の同窓生も虚言癖があったが、それはどうも家庭環境に問題があったようだ。
DQNの親はDQNというのはあながち間違ってないと思う。

77 :愛と死の名無しさん:2005/09/16(金) 16:10:05
相手方の招待客はいなかったの?

78 :愛と死の名無しさん:2005/09/16(金) 16:13:04
そうだ!新郎の招待客が居たか居ないかで分るね。

80 :72:2005/09/16(金) 16:39:14
>>72の続きです

その後、友人から聞いた衝撃の事実。
友人の知り合いが、たまたま会場だったホテルに勤めている事が
判明したらしく、いくらなんでも新郎にドタキャンされたんなら
ホテル側も大変な事になってただろうから、ウワサだけでも伝わって
ないかとその知り合いに真相を聞いてみたらしい。

すると、彼女の名前で式場の予約は確かにあった。新郎の名前もちゃんとあった。
しかも、そのカップルはきちんと披露宴を行っていた。
そこでまた(゚д゚)???ですよ。
え、だってうちら帰されたよね?つかその場にいた数十人、全員帰ってたよね?

披露宴はきちんと新郎新婦そろってたらしい。
でも、友人席はガラガラだったらしい・・・
(そのホテルの知り合いも、おかしいなぁと思ったらしい)
そりゃそうだ、だってあの時チャペルにいた友達皆帰ったんだもん。
何でそんな事をしたのか??
彼女と連絡もとれない今、すべてがナゾのままです。
よっぽど披露宴には出席してほしくなかったのか?
でも、式すら挙げずに帰ってくれなんてありえるのか??
つかそんなに嫌なら最初からやばなきゃいいじゃん。

友人も、それを聞いて彼女の両親にどういう事なのか聞いたそうです。
でも、やはり曖昧な態度で「え?披露宴はやってませんよ、だって新郎が
来なかったんですから」と言われたらしい。
何がなんだか・・・

なんか、よくわからん文章になってすみません
私もいまだにどういう事なのかワケワカメで。。。
書いてても矛盾だらけだと思うんですが、本当なんです。

81 :愛と死の名無しさん:2005/09/16(金) 16:40:21
>>80
そのつてで新居の住所とかもわかるんじゃねえの?

82 :愛と死の名無しさん:2005/09/16(金) 16:44:01
話が出来すぎてて >>72 が虚言癖ってオチじゃねぇよなぁw

凄い話だ。

83 :72:2005/09/16(金) 16:54:21
>>77,78
あの時私はよく分からなかったんですが、上記の通り、
その後披露宴をやってたらしい&友人席ガラガラという証言から、
新郎方も多くいたと思われます。でも、その人達も帰されたんです。

>>81
新郎がドタキャンした!招待客にはお引き取り願わなきゃ!と
思ったら新郎がヒョッコリ登場→いまさら帰った客に戻れとも言えないから
そのまま式&披露宴続行

という筋書きも考えたりしましたが、もう今まで彼女の虚言に散々振り回されたというのもあって
なんかもう、どうでもよくなってきたというか。
いちいち真剣に考えるのもアホらしくなったので、その後しつこく彼女を追求したりはしてません。
(まぁそもそも連絡取れないんだけど

だけど、これはそれなりにネタになるなぁと思って
こちらで書かせてもらいました。でも、なんかスッキリしない話でごめんね。
友人席ガラガラの披露宴はさぞかしサムかったろうなぁという事で
許してください。

84 :愛と死の名無しさん:2005/09/16(金) 17:01:53
なんで後出しするの?

86 :72:2005/09/16(金) 17:11:58
>>84
それ、言われると思ったw

後出しは叩かれるのは分かってたから、最初に書き込んだ時に
全部書けば良かったなーとも思ったんですが
ちょっと珍しい話だから、
あまり詳しく書くと特定されそうな気がしたので。
こんなにレスがつくとは思わなかったから、
後付けで説明せざるを得なくなったというわけです。
って言っても叩かれるだろうなぁ。。。ごめん。

信じなくてもいいです。
投下した時点でネタと思われるのは覚悟してます。
私もいまだに何か壮大な釣りのような気がしてるくらいですから。
ただ、このスレ読んでて自分の持ちネタを提供したくなったので。
お目汚し失礼しました。

87 :愛と死の名無しさん:2005/09/16(金) 17:28:25
一体何だったんだろう?という摩訶不思議な話なので消化不良感は残るけど
好奇心と想像力を掻き立てられる話ではあった。
結局その虚言癖持ちの友人は結婚したのかしてないのか…?
そのうちに風の便りで聞こえてくるかもね。




関連記事



コメント:25 |  2012.08.09 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
関連記事
Loading
ヘッドライン

Secret

人気記事
最新記事