ヘッドライン

目撃ドキュ22 ◆◇サムかった、披露宴…◇◆
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1136254100/

82 :愛と死の名無しさん:2006/01/04(水) 10:32:56
さて、友人が出席した「寒かった」結婚式の話。
とりあえず「元日」という時点でサムいわけですが、本家筋の従弟のもので出ないわけにはいかなかった。
(本来なら、それはお父さんの役目だけど、亡くなっているので長男である友人が出席した)
田舎の大きな家で、田の字に並んだ和室(計30畳くらいか)をぶち抜いて使ってたんだけど、
そんな広い部屋に暖房は、ごく普通のファンヒーター1台だけだったらしい。
念のためと思ってズボン下など着込んでいってたんだけど、それでも震えがくるほど寒かったとか。
しかも、そのファンヒーターは、主に、その家の年寄りを暖めるために使われていて、
出席者たちの座っているあたりは「なにもないのも同然。外よりはマシ」という気温だったらしい。

当然、特に年配の人から「なんとかならんか」という声があがったんだけど、
その家の当主であるジイサン(ファンヒーターでぬくぬく)が「嫌なら帰ってもらってけっこうだ」って言う。
そこで、なにか本家にたてつけない事情があるのか、単に、1人で反旗を翻すのは嫌なだけなのか、
誰も文句を言わなくなって、ブルブルと震えながら式が終わるまで我慢したらしい。
幸い、そんなに時間はかからずに終わって(式だけだから)体長は崩さずにすんだんですけどな。

どうも、分家の人間をいびって楽しむというのが当主のジイサンの趣味らしい。
友人の伯父さんとか、そういった人たちからは「なにかやるとは思っていたが」って声があがってたとか。

83 :愛と死の名無しさん:2006/01/04(水) 11:10:00
田舎はやだやだ

84 :愛と死の名無しさん:2006/01/04(水) 12:45:15
本家とかやだやだ



関連記事



コメント:17 |  2012.08.28 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
関連記事
Loading
ヘッドライン

Secret

人気記事
最新記事