ヘッドライン

目撃ドキュ 31◆◇サムかった、披露宴…◇◆
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1171700971/

671 :1/2:2007/03/17(土) 20:04:16
二次会パーティーネタなんだけど投下。
何年か前に参加した二次会で、新郎が広告代理店で営業をしている。
取引先の一社に、着ぐるみと中の人のレンタル会社があった。
テロテロの家庭用じゃなくて、遊園地やイベンとなんかに派遣する、本格的なやつ。
新郎が結婚するときいたその会社の社長が
お祝いに、着ぐるみを貸してあげると言ってきた。
パーティーのサプライズみたいに登場させて、
記念品だか風船だかを配って盛り上げてくれるということ。
よろこんだ新郎は大感謝でお願いした。

パーティー当日。かねてから約束のタイミングで、着ぐるみ登場。
司会も旨く盛り上げて紹介したから、会場も湧いた。
が、運悪く新郎の同僚がすでに出来上がっていて、グデングデンの一歩手前。
その酔っぱらいが着ぐるみを見つけ「あ~~!●×ちゃ~ん!(キャラクター名)」
と絶叫しながら抱きついた。
が、酔っぱらいなので勢いをつけすぎて、着ぐるみごと後ろに転倒。
着ぐるみに入っていた人は後頭部だか延髄だかを強打。
酔っぱらいはさらにじゃれついて、ラリアットなどの、
プロレス技を次々とかけ続け、その度に倒される着ぐるみ。
中の人も、着ぐるみ越しでもかなり痛がっているのが分かるぐらい痛そう。

続きます。

672 :2/2:2007/03/17(土) 20:05:36
でも中の人はお祝いの席をこわしちゃいけないと思ってたらしく、
元気よく見せようと、しきりに手をふって見せたり、
けなげにかわいい仕草をしたりするのだが、
痛みをかばっているのがミエミエで、かなり痛々しくて笑えない。
そのうち、倒された拍子かなにかで、着ぐるみの一部が裂けたりもげたり壊れ始め、
「ちょっと……やばいんじゃないの?」みたいな変な緊張感が蔓延してきた。
ヤバいと思った男性客何人かが酔っぱらいを引きはがし、
司会者が「●×ちゃんでした~!ありがとう~!」とコーナーを終わらせて
着ぐるみを逃がしてやった。

問題はその後だった。
壊れた着ぐるみは、社長が「他ならぬ新郎君の結婚だから」と、
出来上がってきたばかりの、新品のものを出してくれたらしい。
それをいきなりボロボロにしてしまったということで、
新郎と酔っぱらいが弁償しますと頭を下げたが、
着ぐるみの値段って高くて百万円単位にもなるとか。
一介のサラリーマンには厳しい金額。
加えて、小柄なキャラクターだったので、中に入る人も小柄じゃなきゃだめで、
二次会の日、中に入っていたのはその会社でも一二を争うぐらいの、
小さくて華奢な女の子だったらしい。
そんな子を、酔っぱらった男が手加減せずにワザをかけまくったもんだから、
彼女は病院送りに……。
結局、個人で対応できるレベルを越えてるとかで、会社を巻き込んでの謝罪問題に発展したらしい。
新郎は翌日から新婚旅行だったけど、旅行中も事の成り行きが心配で、
夜中に毎晩国際電話で状況を聞き、帰国後土産片手にすぐに謝罪に走っていた。

673 :愛と死の名無しさん:2007/03/17(土) 20:11:52
>>671
うわあ、中の女の子気の毒。ちゃんと謝罪&賠償してもらったんだろうか?
ってか後遺症が残るようなことにならなかったことを祈る。

674 :愛と死の名無しさん:2007/03/17(土) 20:24:11
なんで始めに倒した時点で誰かが止めなかったんだろう。
痛がってるのわかってるのにプロレス技かけてるのをなかなか止めなかった周りも同罪。


677 :愛と死の名無しさん:2007/03/17(土) 20:29:31
>>674
ハゲド

688
愛と死の名無しさん:2007/03/17(土) 22:17:55
671-672です。
いろいろレスいただいたようなので。記憶をたぐって思い出せるところ補記します。

酔っぱらいを止められなかった理由に、
かなり座が崩れていて、一番とめに入り易い立場の、職場の同僚たちも
結構酔っていて初動が遅れました。ていうか、最初は一緒になってはやしていたぐらいで。
新郎の職場がらみの人間で盛り上がっていたので、
他の出席者が、手が出しにくい雰囲気でした。
あと、さすがに中身が女の子とは、誰も気がつかなかったので、
止める方も真剣さがありませんでした。

着ぐるみについては、普段は小柄な男性も入るそうなのですが、
その日は遊園地やイベントと違って、短時間で室内の出番で、
手を振って物をわたして、ちょっと盛り上げにいくだけ、ということから、
華奢な女の子にお鉢が回ってきたようです。

着ぐるみの弁償代金については、相手の社長が出来た人で、
額も大きいし、使っていれば壊れるものだし、
お祝いだからと、最低限の修理費用ぐらいしか受け取らなかったそうです。
ただ、女の子の治療実費は出してやってほしいということになりました。
相手の社長が寛大だったので、新郎の会社としても
今後仕事の上で恩を返すということになったようです。

着ぐるみのキャラクターは版権のあるような有名キャラではなかったと思います。
もしくは知名度の低いものだったのかもしれません。
ヌーッと大きいと威圧感を与えるらしいので、
着ぐるみの種類によっては、中に入る人の身長は低くなる傾向があったそうです。

689 :愛と死の名無しさん:2007/03/17(土) 22:36:16
女の子は無事だったの?
すごい災難。
つーかおめでたい席で暴力ふるうとかって最低。
しかも着ぐるみの性質上抵抗出来ないって分かっててやっててますます最低。
胸糞悪い。

690 :愛と死の名無しさん:2007/03/17(土) 22:40:11
あ、無事だったというか、後遺症とかは残らなかったよね?

691愛と死の名無しさん:2007/03/17(土) 22:43:06
671-672です
女の子について忘れてました。
取引先の事なので、詳しい事までは分かりませんが、
打ち身やねんざぐらいで済んだと思います。
大きな怪我や後遺症があったとか、
賠償問題になったという話は聞かなかったので。




関連記事



コメント:49 |  2012.11.14 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
関連記事
Loading
ヘッドライン

Secret

人気記事
最新記事