ヘッドライン

目撃DQN53◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1253194123/

609愛と死の名無しさん:2009/10/28(水) 13:19:22
新郎友人として出席した披露宴、プチ話。

式、披露宴とも滞りなく進み、花嫁ドリーマーもほとんどなく
地方なんで出席者全体で踊り出したり、恩師の歌にあわせてみんなで大合唱だったり、
花嫁もニコニコしてて、かなり盛り上がっていた。

が、問題は終盤の新婦の両親への手紙。
新婦実家は商売をしてて、新婦が子供の頃から忙しく、
あまりかまってもらえず、さみしかったらしい。
その他経済的なことで不満に思っていたこともあったらしい。

新婦の朗読した内容は、その恨み辛み、愚痴を延々ずーーーーーーっと。
うん10分。

「子供の時こんな事があった、あの時は寂しかった・・・」
「あの時○○を買ってもらえなかったのが心残り・・・」
「○○の時は、どうして△△してもらえなかったのか、辛かったんだよ」
などなど。
1つ二つ、子供の頃のエピソードをだして、
でも育ててもらってありがとうとか、
この両親の元に生まれて幸せとかで締めくくると思ったんだけど、
愚痴が延々と。orz

610
愛と死の名無しさん:2009/10/28(水) 13:20:23
それまで温かいというか熱い空気だったのが、スーッと冷えていき、
新郎を見たら段々下向きだして、手紙が終わるまでうつむいてるし。
新婦両親も泣いてたけど感動というか、微妙な顔で・・・。

とりあえず感謝の言葉で締めくくられ、みんなホッと顔を上げ、
何事もなかったかのように司会が空気を変えてまた盛り上がりだしたので
良い式だったね、で終わったのでまぁ良かった。

新郎とは小学校入学時からの友達なんで、
よく家にも遊びに行ってて新郎母とも仲が良い。
式後、二次会に行く前に新郎と新郎母と話したが、

あんなに長い手紙を書いてるとは思わなかった。
もう終わるだろうもう終わるだろうと文節が途切れるごとに
期待したが終わらず、居たたまれなくなって下を向くしかなかった。
新婦両親の顔も見づらい。
とのこと。

結婚式から数年たつが、今はすっかりセコケチの域に達する新婦だそうです。

611 :愛と死の名無しさん:2009/10/28(水) 13:39:45
最後は自分がやられたことを自分の子供にしてやろうってことなのか。
怖いね。



関連記事



コメント:14 |  2013.04.21 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
関連記事
Loading
ヘッドライン

Secret

人気記事
最新記事