ヘッドライン

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 102 *****
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1307424674/

257 :愛と死の名無しさん:2011/06/11(土) 13:50:20.35
新婦親族(母方従姉妹)として参加した披露宴。 
新婦いきつけのレストランでのレストランウェディングで
新婦側の受付は新婦の中学時代からの友人Aさん。
Aさんは私の高校の先輩でもあり、楽しいし面倒見のいい素敵な人だった。
その日の受付でもテキパキ対応、スムーズに受付は進んでいた。
そこへやって来たのが新婦の父方従姉妹+その子供×2。
受付を済ませて立ち去るとき、そのお子様がデカイ声でおっしゃった。

「ねーおかーさーん、なんであのデブなねーちゃんあそこにおるん?」
「新婦ちゃんの結婚式やのに、デブがおったら台無しやーん」

確かにAさんはふくよかな体型をしてるが、オシャレにも気を使ってるし
場の雰囲気を台無しにしてたわけでもない。
さすがに母親も「コラッ!そんなひとのことをデブとかゆうたらアカンやろ!」
と子供をたしなめていたが、ウンコチンチンの楽しい盛りのお子様らしく、
言葉スイッチが入ってしまったようで
「えーでもおかーさんいっつも『お菓子ばっか食べよったらデブになるで』言うやーん」
「デブんなったら着る服なくなるって言うとるやーん」
と、キャッキャしてる。
それは披露宴に入ってからも収まらず、ケーキを取りに行くときも
「デブに取られんうちに大きいの取ろうー」とか「そんな食べたらデブなるよー」
「うわーデブはいややー」とかデブ大連発。
血族ではないとはいえ親族のこと、個人的な知り合いでもあるAさんに申し訳なくて
母親に注意するも、新婦と話すのに夢中で「まあ子供のことやし、悪気はないでしょ」な対応。
新婦も「まあここはわたしの顔に免じて☆ミ」な感じ。
私だけでも…とAさんに謝ったら「いいよいいよ、子供だし。デブはホントのことだしw」
と、笑っていたけれど、折角の料理もデザートもあまり食が進んでないようで、
本当に申し訳なかった。

先日、Aさんが婚約したと聞いたので、厄落としカキコ。



関連記事



コメント:55 |  2013.06.24 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
関連記事
Loading
ヘッドライン

Secret

人気記事
最新記事