ヘッドライン

**** 私は見た!! 不幸な結婚式 21 *****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1139476402/

620 :愛と死の名無しさん :2006/02/22(水) 04:25:21
数年前、教師をしている従妹が、年下サラリーマンと結婚。
新郎の両親が、自分の招待客のテーブルにお酌に回った時に
「良いお嫁さんを貰われましたな」と言われ、
「先生と呼ばれるほどの馬鹿じゃない、とも言いますから。
これからが苦労ですよ。はっはっはー」
等と返していたらしい。

でもその結婚式の招待客は新郎3に新婦7で、
その発言は、新婦親族のテーブル側だったので、
新郎両親と新婦親族でちょっとした小競り合いがあった。
最終的には新郎側の力のありそうな男性が
「こっちが悪かった」と頭を下げて、一件落着。

それ以来、従妹は夫の両親には会ってないらしい。
夫は今年に入り婿養子になった。
何が彼らを駆り立てたんだろう?

621 :愛と死の名無しさん :2006/02/22(水) 04:38:45
>>620
先生、難しくてわかりません。

622 :620じゃないけど :2006/02/22(水) 04:54:00
まず「よいお嫁さん」と言われてるのに、新婦の親ではなく新郎の親が「これからが苦労だ」と言うのが変でしょ?
そんなことを言われれば新婦の親戚としては「不満なのかよ」とも言いたくなる。
また「先生と呼ばれるほどのバカでなし」とは、先生と呼ばれない職業の人が言うことであって、
教師である新婦を対象として言うのは意味不明だし、やはり、なにか含むところがあるのかと勘ぐられて当然。

まあ、新郎の親御さんも、緊張してて自分でもなにを言っているのか分かってなかったのかもしれないけど、
無難に(たとえ本心でなくとも)自分の子を下に置くような言いかたをしておけば問題は起こらなかったわけでね。
たとえ本当に「教師なんかと結婚しやがって」と思っていても、それを言っちゃダメだよ。

620の文章も、気分に流れていて何を言いたいのか分かりにくいね。

624 :愛と死の名無しさん :2006/02/22(水) 05:30:19
>新郎両親と新婦親族でちょっとした小競り合いがあった。
>最終的には新郎側の力のありそうな男性が
>「こっちが悪かった」と頭を下げて、一件落着。

新郎両親が頭下げたんじゃないんだね…
新郎両親は反省もせず謝る気もない、その場を収めなきゃマズイと思った
新郎側の男性が代わりに謝罪、と読みとっていいんだろうか。

625 :愛と死の名無しさん :2006/02/22(水) 05:47:26
>>624
622も言ってるけど、自分たちが失礼なことを言ったという自覚がなかったんじゃないかな。
「なにを怒ってるんだ、あの人たちは……」と呆然としている間に、意識のちゃんとした人が謝ったんじゃないか。

627 :愛と死の名無しさん :2006/02/22(水) 09:32:59
似たような話。
友人は名の通った大学を出て上場企業に勤めているんだが、
ご両親は、お父さんが高卒でお母さんは中卒である。
挨拶に立った主賓(友人の上司)は、そのことを褒めたつもりで、
「トンビがタカを産んだわけであります」とやらかした。
それは自分を謙遜していう言葉であって、他人に言っちゃダメだろう。

たぶん、世の中には、親のあとを継ごうとしている子供を、
「カエルの子はカエル」と言って褒めたつもりになっている人もいるんだろうね。
(これも一般的には「凡人の子はしょせん凡人」と謙遜して言う諺)

関連記事



コメント:14 |  2009.12.04 |  人気ブログランキングへ  |   |  Top↑
関連記事
Loading
ヘッドライン

Secret

人気記事
最新記事